レビュー

飛行機に乗らないでマイルを貯めるならANA To Me CARD PASMO JCB<ソラチカカード>

ANA To Me CARD PASMO JCB<ソラチカカード>は「メトロも飛行機も街ナカも駅ナカも。」というキャッチコピーで誕生したクレジットカードです。

そのキャッチコピーの通り、このカード一枚でとにかくマイルを貯めることが可能になるクレジットカードであるため、いわゆる飛行機にあまり乗らないがマイルを貯める「陸マイラー」を目指す人はこの一枚は持っているべきマストなカードとして持っているというぐらいのカードです。

今回はそんな人気のANA To Me CARD PASMO JCB<ソラチカカード>について解説していきます。

ANA To Me CARD PASMO JCB<ソラチカカード>の特徴

特徴1:定期券とPASMOを内蔵することができる

関東に在住している方であれば、東急メトロの路線を使っていてPASMO定期券を所持している人は多いと思います。

ANA To Me CARD PASMO JCB<ソラチカカード>であれば、クレジットカードでありながらPASMOを内蔵することができるため、このカード1つで電子マネー機能と定期券機能を持たせることができます。

いくつものカードを持っていて、財布が膨れ上がってしまっている人や、カードを分けて利用するのが面倒だと感じる人におすすめです。

特徴2:電車に載ったり電子マネー機能を使うだけでポイントが貯まる

ANA To Me CARD PASMO JCB<ソラチカカード>にはPASMOを内蔵することができますが、それによって便利なクレジットカードというメリットだけではありません。

ANA To Me CARD PASMO JCB<ソラチカカード>を使って電車に乗るかPASMOの電子マネーを使うだけでそれぞれポイントが溜まっていきます。

<乗車ポイント>

平日:5ポイント

休日:15ポイント

<電子マネーポイント>

自販機:1ポイント/100円

店舗:1ポイント/100円

電車であれば、平日は毎日乗る人が多いでしょうが、土日も利用することで平日の3倍ポイントが貯まりやすくなっています。

電子マネーも今ではコンビニやお店でも使えるお店が増えてきました。現金よりも電子マネーの方が煩わしいやり取りもなくスムーズなので、このクレジットカードに搭載したPASMOで決済するだけでポイントが貯まっていきます。

今まで何気なくやっていた行動を、このクレジットカード経由で行うだけでポイントが勝手に貯まっていくので使わない手はないでしょう。

特徴3:貯まったポイントを90%の高還元率でANAマイルに変換できる

乗車ポイントや電子マネーポイントで獲得したポイントはOki Doki(オキドキ)ポイントというJCB規格のポイントとして貯まっていきます

このOki Dokiポイントは1Oki Dokiポイントにつき、5メトロポイントに移行することができます。

その後、100メトロポイントを90マイル分のANAマイルに変換することができるので、他のクレジットカードよりも交換率が高いのが人気の理由です。

もちろん、メトロポイントをそのまま使うこともできるので、自分の利用目的に合わせてポイント移行先を決めれるのも便利な魅力です。

例えば休日に電車に1回乗車し、自販機で500円分飲み物を買えば20Oki Dokiポイントが貯まります。

この20Oki Dokiポイントを100メトロポイントに交換し、90マイルに変換できてしまうわけです。

なので、飛行機に普段乗らない人でもあっという間にマイルを貯めてしまうことができます。

特徴4:継続マイルが勝手に毎年もらえる

ANA To Me CARD PASMO JCB<ソラチカカード>は年会費が2,160円かかりますが、入会時と毎年継続したときに1000マイルをプレゼントでもらうことが可能です。

もし夫婦で本会員二人ですと年会費は倍かかりますが二人合わせて2000マイル取得できますので合算するだけで少し貯めればすぐに航空券を手に入れることが可能になってきます。

ANA To Me CARD PASMO JCB<ソラチカカード>のデメリット

ANA To Me CARD PASMO JCB<ソラチカカード>はすごく便利なクレジットカードとも思えますが、デメリットもあるので注意も必要です。

まず、年会費でマイルを買うバイマイルとしては優秀ですが、ほとんど飛行機に乗らない人がメトロを利用するからという理由だけでこのカードを作ってしまうとかなりの損になるとは思います。

なぜなら乗車ポイントをもらえるといっても定期区間外での使用が必要ですし、買い物としての還元率も0.5%、フライトボーナスも10%とかなり低めに設定されています。

それならば買い物としてはもっと還元率のよいカードで買い物をしてその分現金を使わずに貯金していたほうが随分とお金の節約になりますし、フライトボーナスもほしいのであれば25%を超えるカードを持ったほうがマイルのたまり方は全然違います。

では持つのにいい人はどんな人なのかというとズバリ、様々なポイントを集約してANAマイルをためて航空券を発券したい人になります。

つまりクレカをこれをメインにするのではなくサブとして余すところなく乗車ポイントすらもマイルにしたい人というのが正解の持ち方になります。

ANA To Me CARD PASMO JCB<ソラチカカード>をおすすめできる人

まず、ソラチカカードを持ったほうがいい人というのは東京在住でメトロを使用しなくてもマイルを使って空を飛びたい人ということになりますが、そこまで飛行機に乗らない人はまったくもつ必要がありません。

なぜなら普段のクレカをこれに変えたからと言って買い物を地方の人がこのカードを使っていたとしても還元率が0.5%であるためマイルとしてためるのが非常に時間がかかってしまい他にもっと還元率の良いカードはたくさんあるからです。

さまざまなポイントサイトを使用してマイルを集めており、クレジットカードのポイントをマイルに変えて飛行機での旅行に使っている人というのがターゲットになりますし、その中でも東京在住でメトロにも乗るし飛行機にも乗ってるという人はANA To Me CARD PASMO JCB<ソラチカカード>は年会費を払っても持っておいたほうが良いカードになると思います。

ポイントサイト経由でメトロポイントに変更してからANAマイルに変える際に多少目減りはしますが90%の還元率で変更できますので他のどのポイントサイトやクレジットカードのポイントをマイルに変えるよりは還元率だけを見るとNo1のカードであるといえます。

流行だけをみてむやみやたらにクレジットカードを作るのではなく本当に自分で生活スタイルに取り込めて上手にやりくりできるかということを見極めて作るのであれば、非常にマイルを貯めるうえで強力な助っ人になることのできるクレジットカードではないかと思います。

ソラチカカードを作る

陸マイラーにおすすめの、電車や電子マネー利用だけでもポイントが貯まるクレジットカード。普段のちょっとした買い物でもマイルを余らすことなく貯めたいという人におすすめのクレジットカードです。

ソラチカカード公式ホームページ

ABOUT ME
小林 麒麟
小林 麒麟
キリクレ-キリンのないクレジットカードのすべて-のサイト管理者。クレジットカードに関わる業務に長年関わってきた経験を活かして、現在ではクレジットカードプランナーとして働く傍らで当HPにて記事を執筆中。