dカード

dカードのポイント還元率ってどれくらい?知っておくと便利な方法

dカードポイント還元率

dカードユーザーが一番気になることは

「どれくらいポイントがたまるのか」

これに尽きると思います。

ポイント還元率が高い方が普段の買い物もさらにお得になりますので、少しでも多くポイントを貯めたい!と思われている方がほとんどだと思います。

dカードは様々なクレジットカードの中でも特にポイント還元率が高く、お得なカードだと話題になっています。

今回はまだdカードをお持ちでない方にも、もう持っているという方にも分かりやすくdカード、dカードGOLDのポイント還元率についてご説明します。

また、どの支払いでポイントが付くのか、といったポイントに関する便利でお得な情報も解説していきます。

dカードをもっと使いこなして、普段の買い物をもっと楽しみましょう!

dカード

dカード
国際ブランド
マスターカードVISA
対応電子マネー
IDアップルペイ


年会費ポイント還元率ポイント名
初年度2年目~
無料条件付き無料1.0%~4.0%dポイント
発行スピード限度額マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
無料
家族カードETCカード

dカードGOLD

dカードGOLD
国際ブランド
マスターカードVISA
対応電子マネー
IDアップルペイ


年会費ポイント還元率ポイント名
初年度2年目~
10,800円10,800円1.0%~4.0%dポイント
発行スピード限度額マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
無料
家族カードETCカード旅行保険ショッピング保険

dカードのポイント還元率って?

まずはdカードの基本的なポイント還元率についてです。

dカードは

  • 初年度年会費無料
  • 二年目以降も一度でもdカードを利用すれば年会費無料

となるカードですので、年会費を引かれることなくポイントをしっかり溜めることができます。

多くの店舗でdカードのポイント還元率は1%ですが、dカード特約店を利用することで追加ポイントが貰える場合があります。

店舗によってこの追加ポイントは異なりますが、例えばマツモトキヨシでは100円につき2ポイントがたまりますので、ポイント還元率は2%になります。

また、オリックスレンタカーの場合は100円で3ポイント付くので、dカード特約店をよく利用するという場合は非常に多くのポイントをためることができます。

dカード特約店は百貨店や書店、ドコモオンラインショップやスタバカードまで、とても幅広い店舗が加入していますので、一度公式サイトを確認してみるといいでしょう。

また、ドコモのケータイや「ドコモ光」の利用金額1,000円ごとに10ポイントがたまりますので、現在ドコモの回線を利用している方は毎月の支払いでさらにポイントを溜めることができます。

dカードGOLDのポイント還元率って?

お店などでショッピングをするときのdカードGOLDのポイント還元率はdカードと同じく1%で、dカード特約店での追加ポイントも普通のdカードと同じになっています。

しかしdカードGOLDがお得なのは、ドコモ回線利用料金に10%のポイントが溜まる点です。毎月のドコモケータイ利用料金、ドコモ光利用料金1,000円につき100ポイントもたまるので、ドコモユーザーはかなり多くのポイントをゲットできるでしょう。特に家族の分のケータイ料金の支払いをまとめて行っている方はdカードGOLDが圧倒的にお得です。

ドコモdカードGOLD公式サイトの例だと、毎月ドコモケータイの利用料金が9,000円(税抜き)の場合、10%のポイントが付きますので一年間ドコモケータイとdカードGOLDの利用で10,800ポイントが手に入ります。

dカードGOLDの年会費は10,000円ですが、この例を見るとケータイ代金の支払いだけで年会費以上のポイントをゲットできる計算になります。 月々のドコモ回線利用料金が大体9,000円以上であれば、特典の多いdカードGOLDの方がよいでしょう。

dカードでiD払いをしてもポイントはつく?クレジット払いのみ?

ほとんどのdカードでのお買い物の場合、クレジットでもiDでもポイント対象になります。 しかしそもそもiDでの支払いができない店舗などの場合は、iDでのポイント付与はありませんので注意してくださいね。

また、dポイントは支払い方法、店舗によってポイントの溜まり方が異なります。 ローソンストア100などのdポイント加盟店では、dカードを提示するだけでポイントが100円につき1ポイントたまります。そのため対象のお店によく行く方はよりたくさんのポイントをためることができます。

また、様々なポイント付与条件が組み合わさっている店舗もあります。 キャンペーンの実施状況に寄りますが、iDで支払った場合さらにポイントが二倍になったり、キャッシュバックが行われている場合がありますので、キャンペーン情報は公式サイトでこまめにチェックしておいてくださいね。

一時期はローソンでdカード払いポイント、キャッシュバックキャンペーン合わせて最高7%ものポイントがついていたこともあるようで、これからもお得なキャンペーンがどんどん増えることを願うばかりですね。

iDについて、あまり詳しくないという人のために、「dカード」は「iD」払いが便利でお得!「iD」についての疑問を解説の記事でまとめました。

dカードのポイント付与条件って税込み金額?

dカードのポイント還元率は100円で1ポイントですがこの100円、税込みと税抜きでは少し話が変わってきますよね。

結論から言うと、現在多くのdポイント加盟店では100円(税込み)につき1ポイントとなっています。筆者が確認した範囲ではすべての加盟店で税込み100円ごとにポイント付与と書いてありましたので、特別な店舗などでなければ基本的に税込み100円ごとに1ポイント、と考えておけば大丈夫でしょう。

dカード以外のポイントカードは税抜き100円ごとのポイント付与のものもありますのでdポイントに限らずポイントをためる場合は少し意識してみてくださいね。

dカードのポイントはAmazonでも貯まる?還元率を高くする方法

dカードのポイント還元率を上げる方法はdカード特約店に行くこと一つだけではありません。皆さんは「dカードポイントUPモール」というページを見たことがありますか?

このdカードポイントUPモールでネットショッピングを使うと最大10,5倍ものdポイントをためることが出来ます。

このポイントUPモールにはAmazonや楽天市場、yahooショッピングなど利用者の多いネットショップが一通りそろっています。そしてこのポイントUPモールから対象のネットショップにアクセスし、dカード払いで買い物するだけでポイントがどんどんたまってしまいます。

例えばAmazonではポイントUPモールから買い物をするだけでポイントが1,5倍になります。 その時のキャンペーンによってポイント還元率は上下しますが、現在10倍以上のポイントがつくショップもありますのでぜひ確認してください。

ポイントUPモールについては、dカードでポイントアップモールを活用!アマゾンや楽天もポイント対象の記事で詳しくまとめましたので良かったらご覧ください。

還元率だけを考えると実際の店舗でいろいろと買い物をするより、このポイントUPモールを利用してネットショッピングをした方がポイントを溜めやすいかもしれません。 ネットショップをよく利用する、という方はチェックしておいて損はないサイトでしょう。

dカードでポイントを上手に貯める方法とは

dカードでポイントをお得にためるためには

  1. 定期的にキャンペーン情報をチェックする
  2. 公共料金やETCなど、なるべくたくさんの支払いをdカードにする

が特に効果的ではないかと筆者は考えています。

まず①に関してですが、ドコモはdカードやiDの利用者を増やすため、お得なキャンペーンを常にやっています。2018年8月現在、オンラインのカルディコーヒーショップでポイントが通常の10倍たまるキャンペーンなどたくさんのキャンペーンがありますので、できれば毎月公式サイトを確認してくださいね。

②について、dポイントをためる手段はショッピングだけではありません。dポイントは電気ガス水道をはじめとした公共料金の支払いでもためることが出来るので一度設定すれば毎月自動的にdポイントをためることが出来ます。 また、dカードのETCカードをお持ちの方は有料道路を利用するごとにポイントをためることが出来るので非常に便利です。

おわりに

いかがでしたでしょうか。今回はdカードとdカードGOLDのポイント還元率やポイントのため方についてご紹介しました。

dポイントをためる基本はポイント還元率の高い店舗で買い物をすることです。うまく使えばますますポイントが溜まるdカード。

ためたdポイントはケータイ料金の支払いにも使えますのでためておくと月々の使用料金を減らすこともできますよ。 皆さんもdポイントの溜まる店舗を確認し、ぜひ活用してみてくださいね。

ABOUT ME
oume
oume
webライターとして活動中。大学では経済を学び、卒業後はビジネス他、多彩なジャンルでの記事執筆を行う。