dカード

dカードを再入会するときの注意点!審査はある?ポイントは?

dカード再入会

一度dカードを退会してしまったけどポイントのキャンペーンが魅力的だからまた入会したい…!

など、dカードへの再入会を考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

クレジットカードによって再入会の条件や審査は異なるものですがdカードの場合はどうなのでしょうか?

今回はdカードの再入会手続きやポイントの引き継ぎ、再入会で注意すべきことについてお伝えします。

また、dカードの新規入会キャンペーンはとてもお得なので再入会でもポイントが貰えるかどうか気になりますよね。再入会に伴うキャンペーンの適応条件についてもこの記事で触れていますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

dカード

dカード
国際ブランド
マスターカードVISA
対応電子マネー
IDアップルペイ


年会費ポイント還元率ポイント名
初年度2年目~
無料条件付き無料1.0%~4.0%dポイント
発行スピード限度額マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
無料
家族カードETCカード

dカードGOLD

dカードGOLD
国際ブランド
マスターカードVISA
対応電子マネー
IDアップルペイ


年会費ポイント還元率ポイント名
初年度2年目~
10,800円10,800円1.0%~4.0%dポイント
発行スピード限度額マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
無料
家族カードETCカード旅行保険ショッピング保険

dカードを再入会する方法は?

そもそも、dカードへの再入会は可能なのでしょうか。再入会にはある程度条件があり、状況によって条件の厳しさが変わるので何とも言えませんが、規約違反などをして解約させられたのでもない限り、基本的に再入会は可能です。

クレジットカードによっては再入会がかなり厳しいところもあるのですが、dカード公式サイトでは、dカードminiの再入会も可能だと書いてあるので、後先考えずに解約してしまった!という方もひとまず安心ですね。

再入会方法に関しては特に特別なことはありません。 この後説明しますが再入会時も詳しい審査がありますので、再入会だからといって手続きを省略出来たりすることは基本的に無いようです。

また、もう一度手続きをするなら再入会だとバレずに申請できるのでは…?とお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、dカード側は十中八九、再入会だと分かりますので、申請後にdカード会社から問い合わせの電話が来た際には再入会の旨をしっかりと説明しなければなりません。

dカードに再入会するときはもう一度審査はある?

再入会時に再度審査はあります。再審査が厳しいかどうか、ということについては公式サイトで何とも言われてないので不明ですが、やはり再入会を繰り返している人物ではないか、再入会に足る理由があるのか、についはやはりしっかりとした審査がされるようです。

たとえ解約した直後に作り直しをしたとしてもやはり再審査は必要になりますので不安な点がある方はdカードのコールセンターなどに問い合わせて確認をとった方が良いかと思います。

再入会するときはどれくらい期間を空ければいい?

再入会期間に関して、dカードminiについては書いてあります。dカードminiの場合、解約した月に再入会することは原則できないそうです。

しかし再入会に関して解約後、すぐに申し込みをするのはdカードに限らず少し注意が必要です。再入会時でも入会ポイントが貰えるカードの場合だと特典ポイントを目的に短期での解約、入会を繰り返している人もいるようです。しかしクレジットカード会社にとっては、そのような行為は会社の不利になるため看過できません。

そのため、短期間でまた入会申請をする、という行為はdカードにおいても警戒されることが予想されます。 また、ほかのクレジットカード審査においても短期間で入会申請をした人、として審査が不利になる可能性もあります。そのため、他人に誤って解約されてしまった!などの納得できる事情がない限り短期間での再入会は避けた方がよいでしょう。

概ね、3ヶ月以上の期間が空いていれば再入会に関して特に不利益になることはなさそうです。

過去のポイントはどうなる?引き継がれる?

dカード、dカードGOLDともに解約後もポイントは失効しません。それは、dカードはdポイントカードとクレジットカードが一体となったものだからです。そういわれてもイメージがつかみづらいかもしれませんが、dカードの解約はあくまでクレジットカードの解約。

ポイント自体は付いているdポイントクラブを退会したことにはなりません。そのため有効期限内であればdポイント自体の仕様はできますので安心してくださいね。

しかしうっかり解約時にdポイントクラブを退会してしまうとポイントが残らなくなりますので注意が必要です。 再入会によるポイント引継ぎですが、筆者が探した限り公式サイトに明言されておらず、詳しくはdカードゴールドデスクなど、各カードのサポートセンターなどに電話で確認をとってみてください。

クレジットカードやpポイントの番号は変わる?

再入会は全く新しいカードを持つということですので、番号は変わります

ちなみにdカード、dポイントカードは、紛失、盗難にあった場合再発行可能なのですが、新しく手元に届いたカードの番号は変わります。再入会に関しても昔のdカードの番号は利用できませんので、ネットショップなどに登録して、変更せずそのままになっているものは必ず番号の変更をするようにしてください。

もっともよいのは解約した段階で登録していたdカードの情報を消しておくことですので、解約したけれどまだデータがそのままになっているかも!という方はこれを機に登録情報の確認をしてみてくださいね。

また、解約前に公共料金の支払いをdカードで行っていた場合、解約中は支払いが止まるのはもちろん、解約後も番号の変更をしなければ引き落としがされないので大事になる前に必ず変更しましょう。

dポイントの番号に関しては、先ほど少し触れたポイントの引き継ぎと同じく不明ですので、不安がある方は電話や相談メールなどでdポイントクラブに聞いてみてくださいね。

再入会で気をつけること、キャンペーンは受けられない?

再入会で一番注意しなければならないのは年会費についてです。再入会が決まると新しく加入日が決められるので、年会費は当然その時点から新しく発生することになります。たとえ年会費を払った直後に解約し、それから再入会したとしても再入会後の年会費は免除となりませんので注意してくださいね。

また、解約時の年会費の注意点に関しては以前に私の書いた記事で解説していますので是非そちらをご覧ください。

dカード年会費
dカードの年会費っていくら?無料期間や条件、疑問点を解説この記事では年会費の金額や引き落とし日、解約のタイミングなどについて詳しく解説いたします。家族カードやetcカードといった追加カードの年会費についても紹介していますので、年会費でお悩みの方はぜひ参考にしてみてくださいね。...

また、入会時のお得なキャンペーンなどですが、再入会の場合に関して公式サイトで明言されていません。 しかしキャンペーンの対象外となる場合があると書かれていて、例えばdカードの支払いを遅延した、特典付与前にdカードを退会した、利用規約に違反した、などが挙げられています。そもそも入会時のキャンペーンは「新規入会の」方に向けたキャンペーンですので再入会が新規入会にあたるのかはかなり怪しいところです。

キャンペーンに関してどうしてももらいたい!という方は応募してもよいかもしれませんが条件によってはキャンペーンに適応されない可能性が高いという点には注意しておいてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。dカードの再入会に関しては、行う人が少ないのか公式サイトなどにあまり情報が載っていないようです。

しかし、一般的にクレジットカードの再入会は、カード側が納得できる事情がなければ非常に厳しいものとなっているようです。 また、規約違反、度重なる支払いの遅延、申請した情報に嘘があった、などの場合、ほとんど再入会はできないと考えてください。再審査に通過する可能性が低いにもかかわらず再入会の申し込みをして、「審査に落ちた」という履歴がついてしまうと、dカード以外のクレジットカード審査においても不利になってしまう可能性があります。そのため再入会を考えている方はまず電話して相談!を徹底してください。

・dカードセンター:0120-300-360

・dカードGOLDデスク:0120-700-360

そして、現在解約を検討している方は「本当に解約してしまっていいのか」ということを今一度考えてみてください。 dカードGOLDの年会費が負担になるようでしたら通常のdカードにグレードダウンすることもできますので、ご自身の利用状況などを見直してみてくださいね。

dカードのここが凄い!
  • 初年度年会費無料
  • 前年に1度でも利用あれば次年度も年会費無料
  • ローソンで最大5%おトクに
  • iDが使えてスムーズに決済が可能

\入会キャンペーン実施中/

 

dカード GOLDのここが凄い!
  • ドコモユーザーならポイント還元率10%
  • ケータイの購入から3年以内なら最大10万円分補償
  • 空港ラウンジ無料
  • カードお申込み完了から最短5分で入会審査完了

\入会キャンペーン実施中/

\dカードのまとめ記事はこちら/
dカードまとめ
ABOUT ME
oume
oume
webライターとして活動中。大学では経済を学び、卒業後はビジネス他、多彩なジャンルでの記事執筆を行う。