レビュー

Dカードの評判は?年会費以上のメリットを受けられる方法を徹底解説!

Dカードといえば、CMも積極的にやっていて認知度も高いクレジットカードになっています。ドコモユーザーにしかメリットないんじゃないの?と思われやすいクレジットカードですが、実際のところはどうなんでしょうか。DカードとDカードカードGOLDそれぞれのメリットをお伝えした上で本当にDカードを作るべきか徹底解説したいと思います。

CMだとどちらが良いのか分からないわよね。きちんと自分にあったDカードを作ることが大事よ。
しかも今なら限定デザインから選べるもんね!ずっと使えるクレジットカードとしてきちんと理解してから申込するようにしよっと!

DカードとDカードGOLDの違い

まず、DカードにはDカードとDカードGOLDの2種類が存在します。DカードGOLDには年会費が発生しますが、まずはそれぞれの特徴を以下にまとめてみました。

年会費

Dカード:初年度無料、前年度1回でも利用すれば次年度も無料

DカードGOLD:10,000円

Dカードの年会費は最低限利用していれば、ほぼ永年無料のクレジットカードと言っても大丈夫でしょう。あまり使う機会がなく年会費の心配がある方は公共料金などの支払いをDカードに設定しておけば、勝手に条件をクリアしてくれます。DカードGOLDは年会費が10,000円とかかってしまいますが、ゴールドカードのなかにはもっと高い年会費のカードも存在するのでさほど高くない料金設定となっています。

申し込み条件

Dカード:満18歳以上

DカードGOLD:満20歳以上

満18歳以上、満20歳未満の方はDカードのみの申し込み資格となってしまいます。まずはDカードを作ってみて、満20歳になったらDカードGOLDへの切り替えを行えば良いでしょう。DのカードGOLDは他社のゴールドカードにありがちな、25歳以上などの年齢制限はなく、比較的易しめの年齢条件となっています。

ポイント還元率

Dカード:1%還元、ドコモ携帯料金もしくはドコモ光の料金から1%還元

DカードGOLD:1%還元、ドコモ携帯料金もしくはドコモ光の料金から10%還元

DカードどDカードGOLDの特徴の一番大きいところはポイント還元率にありそうです。ドコモユーザーでなければどちらのクレジットカードを作っても還元率は同じです。ドコモユーザーであれば、ポイント還元率は1%と10%と大きな開きがあります。単純にDカードGOLDの方が10倍貯まりやすくなるので、ドコモユーザーであればDカードGOLDを作ることをおすすめします。

追加カード

Dカード:ETCカード初年度無料、家族カード1枚目無料

DカードGOLD:ETCカード無料、家族カード1枚目無料

どちらもETCカードと家族カードは作成することができます。ただし、DカードはETCカードが初年度無料、次年度以降は前年度に1度もETCカードの利用がなかった場合、500円がかかります。既にETCカードをもっていて、これからDカードでETCカードを作っても使う機会がない恐れがある場合にはよく検討するようにしましょう。

DカードGOLDのみのサービス

携帯電話の購入から3年間、最大10万円保障サービス

国内空港ラウンジが無料

DカードGOLDだけのサービスとして、携帯電話購入サービスと空港ラウンジサービスの2つがついてきます。どちらも1回ずつ使用するだけで年会費の1万円を賄えてしまうので大きな魅力といえるサービスでしょう。

Dカード共通のメリット

ドコモ携帯料金が勝手にポイントになる

Dカード共通のメリットとして、ドコモの携帯をお使いであれば、クレジットカードの利用に関係なく自動的にポイント還元されるところにあります。実はこれ、携帯料金の引き落としをDカードに指定しなくても登録しておくだけで毎月の料金が勝手にポイントになるんです。なので、携帯料金の引き落としは別のクレジットカードにしておいても、そのカードとDカードそれぞれでポイントが貯まる仕組みです。上手に活用すれば、DカードGOLDの10%+他社カードの1%で最大11%が貯まるチャンスです。今まで気にしたことがなかった携帯料金から勝手にポイントが貯まるのであれば、これほどお得なポイントサービスはないでしょう。

ローソンでポイントが5倍

コンビニは何かと使う頻度が多いと思いますが、もしコンビニのなかでもローソンの利用頻度が高いならポイントを大量獲得できるチャンスです。ローソンではDカードのIDを利用することで提示ポイント1%+クレジットカード決済1%+割引3%で5%分の還元が受けられます。気をつけなければいけないのは、提示するだけだと1%のみになってしまうので、必ずローソンでのお買い物はDカードを利用するようにしましょう。

マクドナルドでポイントが5%

ファーストフードでもっとも有名なマクドナルドでもDのカードなら5%のポイント還元を受けられます。こちらもローソンと同様に、提示+DカードのID決済することが条件になっているのでローソンとマクドナルドではDカードで会計すると覚えておくようにしましょう。

DカードGOLDだけのメリット

DカードGOLDだけのメリットは先ほど2つご紹介しました。

携帯電話の購入から3年間、最大10万円保障サービス

国内空港ラウンジが無料

この章ではもう少し詳しく解説していきたいと思います。

携帯電話の購入から3年間、最大10万円保障サービス

最近のスマホは高性能なので、いつでもどこでも持ち運んでいる方が多いと思います。しかし高性能な一方、料金も上がっており、携帯本体料金は12万円前後する高額商品になっています。しかも精密機械なので、落として壊してしまった方もいると思います。そんなとき、DカードGOLDをお持ちであれば、紛失や故障のときに同一商品を無料で交換してもらえる保証がついています。

大事なスマホをケースや保護シートをつけていても万が一の事故には備えたいものです。DカードGOLDは持っているだけでこの保障がついてくるのでドコモユーザーには必見のサービスになっています。

国内空港ラウンジが無料

DカードGOLDをお持ちであれば、全国28の空港でラウンジが無料となります。空港ラウンジはなくても大丈夫ですが、あったほうが嬉しいサービスになります。これを目的としてDカードGOLDを作る方は少ないと思いますが、年間費1万円で空港ラウンジがついてくるのであれば魅力的ですね。

DカードGOLDのデメリット

DカードGOLDのデメリットはやはり、ドコモユーザーでなければその恩恵を最大限受けることができないところでしょう。もちろんドコモユーザーであることが入会条件というわけでないので作ることができますが、どうしても携帯料金のポイント還元や携帯保障など、ドコモユーザーでなければメリットのないサービスがあるのは事実です。たまにDのカードはドコモユーザー以外にもおすすめと記載してあるサイトがありますが、筆者は正直おすすめしません。

DカードGOLDを作って1年でどれだけポイントが貯まるか

筆者はDカードGOLDを作って1年経ちましたが、実際にどれくらいポイントが貯まったのか公開したいと思います。これからドコモユーザーでDカードGOLDを作ってみようかなと思う人はぜひ参考にしてみてください。まず筆者の利用状況としては、以下の通りとなっています。

キャリア:ドコモ

携帯料金:約8,000円/月

Dカードの利用頻度:会社下のローソンで週に3回程度、昼食を購入するのみ

まずステージですがDカードGOLDを利用しているので自動的にGOLDステージという最上位ステージになっています。

ゴールドステージは通常のドコモユーザーであれば、到達することができないステージになっており、DカードGOLDを持っていることが条件になっています。これによって、ドコモの料金1,000円ごとに100ポイント(10%)還元を受けることができます。また、それに加えて各種クーポンサービスも適用されます。

そんな状態で筆者は毎月DカードGOLDを月に3万円も利用していませんでしたが、32,000ポイントを現在では保有しています。約1年間で32,000円分のポイントって正直すごくないですか?筆者はDカードGOLDにして本当に良かったと思っています。これだけのポイントを稼ぐのに意識したのはシンプルに2点だけでした。

DカードGOLDの利用はローソンだけにする

ドコモのケータイ払いが使えるサービスは意識して使う

①についてはシンプルにご理解いただけると思います。5%の還元を受けるためにローソンでは現金でなくDカードGOLDでの決済を利用していました。

②が個人的にポイントとなる箇所です。DカードGOLDはドコモのケータイ料金であれば1,000円につき100ポイントとなるので還元率は10%です。この還元率は他のクレジットカードには到底及ばない還元率になっています。そしてこの還元率の恩恵を受けるためにスマホ経由で決済できるものは意識的にドコモのケータイ払いを使うようにしていました。

例えば、固定のドコモのケータイ料金が7,000円、ケータイから10,000円の洋服をECサイトで他社クレジットカード決済で購入したときは700ポイント+100ポイント(1%還元のクレジットカードの場合)=800ポイントとなります。

しかし、どちらもドコモのケータイ料金として決済してしまえば17,000円分となるので10%還元で1,700ポイントももらえます。他社クレジットカードを使ったときとの差は900ポイントとなっており、倍以上のポイント差が開きます。

1.5%や2%の高還元率カードと呼ばれるクレジットカードだから使うのではなく、大事なのはあくまで使いどころを見極めることです。それだけでポイントが簡単に貯まるようになります。

まとめ

Dカードゴールドは意識して使い所を見極めるだけで、ポイントが異常な還元率(5%~10%)で貯まるクレジットカードです。ドコモユーザーであれば、ポイント還元率以外にも携帯保障もついてくるので、作らない理由がないクレジットカードと言えるでしょう。

ABOUT ME
小林 麒麟
小林 麒麟
キリクレ-キリンのないクレジットカードのすべて-のサイト管理者。クレジットカードに関わる業務に長年関わってきた経験を活かして、現在ではクレジットカードプランナーとして働く傍らで当HPにて記事を執筆中。