JALカード

JALカード(普通カード)の強み・特徴などを徹底解説!活用してマイルをどんどん貯めよう!

JALカード(普通カード)

航空会社であるJALが発行しているクレジットカードであるJALカード。

JALカードにはいくつかの種類がありますが、ここでは一般カードと呼ばれる最もスタンダードなJALカード(普通カード)について解説していきます。

JALカード(普通カード)は飛行機に乗る人はもちろん、そうでない人にもメリットのあるクレジットカードですので作成を検討している人はぜひこの記事を参考にしてみてください。

JALカード(普通カード)

クレジットカード名
国際ブランド
マスターカードJCBVISA
対応電子マネー


年会費ポイント還元率ポイント名
初年度2年目~
無料2,000円0.5%~1.0%JALマイル
発行スピード限度額マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
公式サイト参照公式サイト参照0.5%~1.0%公式サイト参照
海外旅行保険家族カード国内旅行保険ETCカード

JALカード(普通カード)の強み・特徴を解説!

まずはJALカード(普通カード)の強みと特徴を解説していきます。

要点のみまとめて紹介していますので、まずはこちらからご覧ください。

特徴1:JALマイルを貯めやすいクレジットカード

JALカード(普通カード)はその名の通りJALマイルを貯めるためのクレジットカードです。

一般的なクレジットカードでは利用額に応じてポイントが貯まっていきますが、JALカード(普通カード)ではポイントではなくJALマイルが貯まっていきます。

JALマイルは様々なものに交換できますが、最もよく利用されるのは航空券との交換です。

例えば東京から大阪までの航空券は片道6,000マイル、往復で12,000マイル貯めれば交換することができ、これを手に入れれば有効期限内であればいつでも飛行機に搭乗することができます。

他のクレジットカードでもマイルに交換することができますが、マイル交換の際に手数料が必要だったり交換レートが悪かったりしますのでJALマイルを貯める際はJALカード(普通カード)を利用することが1番楽です。

特徴2:飛行機に乗る時だけでなく普段使いでもマイルが貯まる

JALマイルは飛行機に搭乗するごとに貯まっていきます。

また毎年初回搭乗時ボーナスとして1,000マイルが貯まるなど、飛行機にのるだけでも貯まるマイルは多いです。

しかし飛行機に乗るだけで何万マイルも貯めるのは時間と手間がかかります。

そのためJALマイルを貯めたいのであれば、飛行機に乗る時だけでなく普段の買い物などで利用することで効率的にマイルを貯めることができます。

JALカード(普通カード)は200円の買い物ごとに1マイルが貯まっていきますので、公共料金、携帯電話代、買い物の料金などをJALカード(普通カード)で支払うだけでマイルが貯まっていきます。

特徴3:ショッピングマイル・プレミアムで更にマイルが貯まる

JALマイルをより効率的に貯めたいと思っている人は、ショッピングマイル・プレミアムへの入会をおすすめします。

ショッピングマイル・プレミアムは年会費3,000円プラス税で入会することができ、通常200円で1マイル貯まるところが100円で1マイル貯まるようになります。

そのためショッピングマイル・プレミアムに入会することでマイルが貯まるスピードは倍増します。

普段使いでマイルを貯めたい人にとっては、非常に嬉しいサービスですので積極的に活用していきましょう。

JALカード(普通カード)をおすすめできる人

それではどのような人がJALカード(普通カード)を持つのに向いているのでしょうか

・JALの飛行機によく乗る人

・JALのマイルを貯めたい人

・クレジットカードで貯まるポイントをマイルに交換したい人

・マイルを貯めたいが年会費はあまり高くないクレジットカードを探している人

このような人にはJALカード(普通カード)を作成することをおすすめします。

JALカード(普通カード)はJALマイルを貯めるためのクレジットカードですので、JALの飛行機によく乗る人やJALマイルを貯めたい人におすすめです。

またJALカード(普通カード)は年会費初年度無料で、2年目以降も2,000円プラス税と他のJALカードと比べると年会費は安めです。

それ以外にも旅行保険の保証内容が充実しているなど、飛行機を利用する人にとってはメリットの多いクレジットカードです。

これに該当する人はJALカード(普通カード)の作成を検討してみてはいかがでしょうか。

JALカード(普通カード)をおすすめできない人

それでは逆にJALカード(普通カード)をおすすめできない人を紹介していきます。

・JALのマイルを貯めたいと思っていない人

・JALよりANAの飛行機によく乗る人

・クレジットカードのポイントをマイル以外に使いたい人

やはりJALカード(普通カード)はJALマイルを貯めるためのクレジットカードですので、JALマイルを貯めたいと思っていない人やそもそもマイルを貯めたいと思っていない人にはおすすめできません。

またJALではなくANAの飛行機をよく利用するのであれば、ANAカードを作ってANAマイルを貯める方が効率がよいです。

JALカード(普通カード)はJALマイルを貯めるためのクレジットカードですので、それに該当しないのであればJALカード(普通カード)以外のクレジットカード作成を検討することをおすすめします。

まとめ:JALカード(普通カード)を活用してJALマイルを貯めていこう

ここまでJALカード(普通カード)の強み・特徴・おすすめできる人について紹介してきました。

飛行機に乗る時だけでなく日常の支払いでもJALカード(普通カード)を使う、ショッピングマイル・プレミアムに加入するなどをしていけば飛行機に乗る機会が少ない人でもJALマイルを貯めることができます。

貯めたマイルは特典航空券に交換できますので、JALカード(普通カード)を上手く利用すれば毎年マイルを利用して旅行に行く事も可能です。

JALカード(普通カード)を上手く活用して、生活をより充実したものにしていきましょう。

ABOUT ME
小林 麒麟
小林 麒麟
キリクレ-キリンのないクレジットカードのすべて-のサイト管理者。クレジットカードに関わる業務に長年関わってきた経験を活かして、現在ではクレジットカードプランナーとして働く傍らで当HPにて記事を執筆中。