JCBカード

JCBゴールドの審査は甘いと思えた話。8時間で審査通過しました

JCBゴールド

JCBは日本の国際ブランドということもあり、老若男女の人から人気のあるクレジットカードです。

そんなJCBカードですが、巷の噂では審査が厳しいのでは?と思われているようですが筆者の場合はお世辞にも優れたステータスではない状態で8時間で審査が完了しました。

この記事ではそのときの体験を時系列でご紹介していきたいと思います。

JCBゴールド

JCBゴールド
国際ブランド
JCB
対応電子マネー
クイックペイ


年会費ポイント還元率ポイント名
初年度2年目~
無料10,000円0.5%~2.5%OkiDokiポイント
発行スピード限度額マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3営業日公式サイト参照公式サイト参照無料
海外旅行保険家族カード国内旅行保険ETCカードショッピング保険

JCBゴールドを作ろうと思った理由

筆者がJCBゴールドを作ろうと思った理由は単純で、以下2点からでした。

・JCBの国際ブランドを持っていなかった

・10,000円以上のキャンペーンをやっていたから

なので、特段、審査に関することはあまり考えていませんでした。

落ちたらまぁ、仕方ないかな。ぐらいの軽い気持ちです。

JCBゴールドを申し込みした時のステータス

なぜ、筆者が審査に落ちても仕方ないと軽く考えていたのかと言うと、20代で年収もそこまで高くないのにクレジットカードを既に5枚所持していたからです。

当時のステータスをまとめてみるとこうなります。

・20代前半

・年収は400万円

・クレジットカードは5枚所有(デビュープラス、セゾンAMEX、アメックスゴールド、dカード GOLD、エポスカード)

・前月にデビュープラスの引き落としができていなかった

自分で並べてみても悲惨な状況ですね。

しかし、5枚もクレジットカードを持っていながら、JCBの国際ブランドカードを持っていなかったので作ってみようと思いました。

初年度年会費無料で、キャンペーンで10,000円以上もらえるのであれば、次年度の年会費も実質タダみたいなものでしたから。

JCBゴールドの申し込みから審査完了まで

まず、JCBゴールドの申し込みを行ったのが12月9日の1:25でした。

深夜の時間でしたので、寝る前に軽い気持ちで申し込みした記憶があります。

当時の受付完了メールが残っていたので貼っておきます。

JCBゴールド申し込み

そこから、約8時間経って12/9の9:13に、朝起きると審査完了のメールが届いていました。

JCB審査完了

自分が寝て起きるまでの間に、審査まで終わって発送準備をしているとのことですから、驚きました。

まず、そもそも審査に通るとも思っていなかったですから。

こんな深夜時間帯なので、在籍確認や本人確認、職場への電話は絶対にありませんでした。

そして、その翌日には既に手元にJCBゴールドがありました。

こんなに簡単にクレジットカードって作れるものなの?という驚きと、

本当に審査をしていたのか?とびっくりしたことを覚えています。

筆者が作ってきた5枚のクレジットカードのなかでも最短の審査時間でした。

JCBゴールドの審査が早い理由

おそらくですが、公式で最短即日発行と謳っているくらいですから審査センターの人員を増やしているのでしょう。

そして、筆者に本人確認の電話がなかったように、自社の審査基準で判断をしているのですぐに結論が出るのだと思います。

また、インターネット限定でのデザインカードが発行されているなど現在は積極的にプロモーションを展開しているので、そういった意味でもJCBとしては新規顧客を大量に欲しいという背景があるのかもしれません。

ただし、ここまで最短で審査に通過してJCBゴールドを発行するにはインターネット経由の申し込みである必要があります。

郵送申し込みなどをしてしまうと、時間が1週間程度かかるので気をつけてください。

JCBゴールドの審査がそれでも不安な場合

筆者のようなステータスでもJCBゴールドは即日で審査完了していますが、それでも不安な人は審査時に見られやすい項目などをまとめてみたのでご覧ください。

あわせて読みたい
JCBゴールドの審査に通る条件とは?審査で重要視されるポイントを徹底解説日本が誇るクレジット会社であるJCBのプロパーカードであるJCBシリーズ。その中でも優れたスペックを持っているJCBゴールドは非常に魅力...

まとめ

キャンペーン期間中などは、JCBも新規顧客を積極的に獲得したいタイミングなので、この期間中に申し込みするのがおすすめです!

ABOUT ME
小林 麒麟
小林 麒麟
キリクレ-キリンのないクレジットカードのすべて-のサイト管理者。クレジットカードに関わる業務に長年関わってきた経験を活かして、現在ではクレジットカードプランナーとして働く傍らで当HPにて記事を執筆中。