楽天カード

楽天カードのゴールドなら空港ラウンジ利用可能!格安年会費で入れる

出張や恋人との旅行など、年齢を重ねるにつれて旅行の回数とは増えていくものです。そのたびに空港を使う人にとって搭乗時間までの待ち時間は意外と時間を潰すのが大変です。旅行に行く前に疲れを蓄積してしまっては本末転倒なので、空港ラウンジに入りたいと思っている方もいらっしゃるはず。しかし空港のラウンジはどれもすべてタダでは入れず、ゴールドカード以上のクレジットカードやプライオリティ・パスという世界共通のラウンジ使用券を使わなければいけません。空港ラウンジを使うためだけにクレジットカードを作るのは勿体無いと思う人に、筆者が楽天のゴールドカードをおすすめする3つの理由を紹介します。

楽天カードってCMでもたくさんやっているから有名なクレジットカードよね。
どうせクレジットカードを作るなら少しでもオトクに作りたいな

楽天ゴールドカードで入れるラウンジ

楽天ゴールドカードを作ってみて空港ラウンジを利用しようと思っても、実際にこれから使う予定のある空港に対応ラウンジがなければ意味がありません。国内の主要ラウンジを以下にまとめてみました。該当する空港があるかまずは確認してみてください。

<北海道>

新千歳空港、函館空港

<東北>

青森空港、秋田空港、仙台国際空港

<北陸>

新潟空港、富山空港、小松空港

<関東>

成田国際空港、羽田空港(※)

<中部>

中部国際空港セントレア

<近畿>

関西国際空港、伊丹空港、神戸空港

<中国>
岡山空港、広島空港、米子鬼太郎空港、山口宇部空港
<四国>
高松空港、松山空港、徳島阿波おどり空港
<九州>
福岡空港、北九州空港、大分空港、長崎空港、阿蘇くまもと空港、鹿児島空港
<沖縄>
那覇空港
<海外>
ハワイ/ダニエル・K・イノウエ国際空港、韓国/仁川空港

(※)羽田空港国際線旅客ターミナルのラウンジは利用できません。

ラウンジでできること

ラウンジによって一部異なりますが、ほとんどのラウンジでは軽食(朝であればクロワッサンのサービスなどもあり)、ソフトドリンク、コーヒー/紅茶飲み放題、雑誌、充電コンセント、Wi-Fi、喫煙所の設備があります。

また一部有料になりますがアルコールを提供している場合もあります。特に嬉しいのが充電コンセントやWi-Fiサービスです。忙しいビジネスマンにとっては少しの時間でも仕事に取り掛かりたいもの。そんなときに空港のベンチで仕事をするのではなく、リラックスしたソファーでコーヒーを飲みながらWi-Fiを使って充電したPCとスマホで仕事をする。それだけで捗りそうですよね。

細かいラウンジの各施設場所などは以下の公式ホームページからご確認いただけます。こちら

楽天ゴールドカードをおすすめする3つの理由

空港ラウンジに入れるゴールドカードは各社が発行しています。その中でも筆者が楽天ゴールドカードをおすすめする3つの理由をまとめてみました。

理由1:年会費が他のクレジットカードより安い

ラウンジを使うことを目的としてクレジットカードを作るのに、高い金額が掛かってしまっては意味ないですよね。しかし一般カードであれば年会費無料が当たり前となっていますが、ゴールドカードになってしまうと年会費は掛かってしまいます。その分、ラウンジサービスなどに還元しているので当然かもしれませんが出来れば比較的抑えたいものです。その点、楽天カードはゴールドカードながら年会費は2,160円(税込み)となっておりこれは他社のゴールドカードと比較してもかなり安くなっています。

楽天ゴールドカード 2,160円
dカード GOLD 10,800円
三井住友VISAゴールドカード 10,800円
JCB GOLD EXTAGE 3,240円
エポスゴールドカード 5,400円

カフェでコーヒーを飲むだけでも500円近く使うので、カフェ4回分とほぼ同等の金額で年会費を払えてしまいます。しかも楽天ゴールドカードで入れるラウンジに回数制限はありません。使えば使うほど割安になるのでそう考えると決して2,160円は高くなくむしろオトクすぎるクレジットカードです。

理由2:発行までの時間が早い

このページを見てくださっているということは、恐らく近いうちに空港を使う予定がある人だと思います。せっかくクレジットカードを作ろうと思っても当日に間に合わなければ意味がありません。クレジットカードの審査は概ね1週間から2週間程度、そこから郵送を含めると手元に届くまで2週間から3週間は掛かってしまいます。その点、楽天ゴールドカードなら審査は最短1日、郵送を含めても1週間前後で手元に届きます。急ぎの方は少しでも早く楽天ゴールドカードを申し込むといいでしょう。

楽天ゴールド

クレジットカード名
国際ブランド
マスターカードJCBVISA
対応電子マネー
対応電子マネーミニアイコン


年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
2,160円 2,160円 1.0%~5.0% 楽天スーパーポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
公式サイト参照 公式サイト参照 公式サイト参照 無料
海外旅行保険家族カードETCカード

楽天ゴールドカードはそんな早くクレジットカードを発行したい人のために、審査状況を確認できるサービスもあります。急ぎの人は申し込みしてから後どれくらいで到着するのか確認してみるといいでしょう。

以下のURLから確認用ページに飛びます。こちら

申し込み時のカード申し込み受付ID、生年月日、電話番号の3点を入力するだけで今がどこのステータスまで進んだかが分かります。受付IDは申込完了時のメールに記載してあるので必ず無くさないようにしましょう。

急ぎの方にとって、今がどれくらい進んでいるのか分かるだけで心理的に安心しますよね。全部で6項目ある内の2項目目、審査中を超えていれば後は本人確認の電話後に到着を待つだけです。ここから自宅に到着するまでは約1週間になります。もし、空港利用まであまり日数がないときは本人確認の電話のときに予めその旨を伝えとくといいでしょう。

理由3:国際ブランドが大手3社すべてから選べる

サブカードとしてクレジットカードを作る場合、よくある悩みが国際ブランドが被ってしまうことです。国際ブランドによっては使えるお店、使えないお店があります。そのためどうせ2枚目以降を作るのであれば今持っているクレジットカードと異なる国際ブランドを作るのがおすすめです。楽天ゴールドカードは日本で使えるメインの3社VISA、JCB、MasterCardのどれでも発行することができます。

お手持ちのクレジットカードを確認し、違う国際ブランドからお好きなものを選ぶといいでしょう。

まとめ

最後に楽天ゴールドカードをおすすめする理由、おすすめしない理由をまとめてみます。

おすすめポイント

年会費が安いのに空港ラウンジが使える

急ぎの人でもすぐに作れる

国際ブランドが好きなものから選べる

楽天サービスでさらにポイントがたまる

おすすめしないポイント

専属コンシェルジュサービスがない

楽天の各種サービスを利用していないとポイントの高還元率の恩恵を受けられない

ゴールドカードの券面に堂々と楽天と書いてあるので少し恥ずかしい

空港ラウンジ専用カードとしてもおすすめな楽天ゴールドカードは以下から申込することができます。

楽天ゴールド

クレジットカード名
国際ブランド
マスターカードJCBVISA
対応電子マネー
対応電子マネーミニアイコン


年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
2,160円 2,160円 1.0%~5.0% 楽天スーパーポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
公式サイト参照 公式サイト参照 公式サイト参照 無料
海外旅行保険家族カードETCカード

ABOUT ME
小林 麒麟
小林 麒麟
キリクレ-キリンのないクレジットカードのすべて-のサイト管理者。クレジットカードに関わる業務に長年関わってきた経験を活かして、現在ではクレジットカードプランナーとして働く傍らで当HPにて記事を執筆中。