楽天カード

楽天プレミアムカードで空港ラウンジを使おう【流れを解説】

出張や旅行で飛行機を使う人にとって、空港についてから飛行機に搭乗するまでの空き時間って意外と難しかったりしますよね。カフェで時間を潰そうにもどこも混んでいたり、スマホやPCを使いたいから充電したいと思ってもなかなかコンセント付きの席が空いていなかったりなど。

そういった思いを持っている方は楽天のプレミアムカードを使って有意義に空港ラウンジで時間を潰しましょう。

忙しいビジネスマンの人やカップルの人こそ、飛行機に乗って目的地についてからがハードだったりするから、せめて空港ではリラックスして時間を潰したいわよね。
空港って毎回2時間前とかにつくから、その時間を有意義にリラックスして過ごせたら旅先でも充実できそう!

楽天プレミアムカードの立ち位置って?

楽天の発行するクレジットカードには大きく3種類あります。(楽天PINKカードはデザインが異なるだけで中身は楽天カードと同一のため一緒のものとしてカウント)

今回紹介するのは上記のうち、楽天プレミアムカードという最上位カードになります。

楽天プレミアムカードの年会費は?

楽天カードは3種類それぞれ年会費が異なります。

楽天カード:永年無料

楽天ゴールドカード:2,160円(税込み)

楽天プレミアムカード:10,800円(税込み)

楽天プレミアムカードは毎年、年会費が10,800円かかるため、少しハードルが高いクレジットカードと言えそうです。

楽天プレミアムカードのポイントは溜まりやすい?

年会費がかかる分、ポイントは溜まりやすいのかなと言うとそうでもないです。楽天カードの種類ごとにポイント還元率をまとめてみました。

楽天カード:100円につき1ポイント

楽天ゴールドカード:100円につき1ポイント

楽天プレミアムカード:100円につき1ポイント

すべてのカードで、ポイント還元率は1%となっておりあまり良いとは言えません。(ただし、SPUなどで得られるポイント還元率には違いあり)

楽天プレミアムカードの付帯サービスはなにがある?

ポイントが溜まりやすくない分、他にメリットはあるのでしょうか。付帯サービスで比べてみました。

こうして見ると、正直違いは空港ラウンジぐらいしかありません。逆に言うと10,800円の年会費を払う代わりに空港ラウンジでメリットを感じられるのであれば楽天プレミアムカードを作るべきと言えそうです。

楽天プレミアムカードで空港のラウンジはどう使える?

ゴールドカード以上のクレジットカードであれば、ほとんどの場合空港ラウンジが利用できます。これは各社が個別に空港ラウンジと提携しているわけではなく、プライオリティ・パスという世界で使える統一のサービスにクレジットカード会社側が加入しており、それをユーザーに権限として付与している仕組みとなっています。

プライオリティ・パスとは

世界120カ国400以上の都市や地域で、900カ所以上の空港ラウンジが利用できる会員制サービスです。クレジットカードを申し込むことによってプライオリティ・パス社が提供する世界中の空港ラウンジを使用できる権利が使えるようになるわけです。大きく3つのプラン(グレード)に分かれており、それによって使用できるラウンジの数(提携ラウンジ数)や一緒に同伴する人の料金が変わってきます。大まかにゴールドカードのクレジットカードではスタンダードプラン、それ以上のクレジットカードでプレステージのサービスに該当するケースが多いです。

楽天プレミアムカードで使えるプライオリティ・パスのグレードは?

楽天プレミアムカードに入会するとプレステージ会員と同等のサービスが使えるようになります。

通常ではプレステージのサービスを受けるには399$の料金が発生します。日本円に直すと約40,000円なので、これだけで楽天プレミアムカードの年会費10,800円はオトクという計算になります。

楽天プレミアムカードで空港ラウンジを使うために事前にしておくことがある?

楽天プレミアムカードを持っていることで空港ラウンジを使うことができるのは解説したとおりですが当日はどのような流れでラウンジを利用すれば良いのでしょうか。実は当日よりも前に事前にやっておく必要があるので注意が必要です※事前準備なしで当日にラウンジを使おうと思ってもできません

事前準備

①楽天プレミアムカード到着後に、楽天カード会員専用オンラインサービス「楽天e-NAVI」より申し込み。

②2週間程度で自宅にプライオリティ・パスのカードが簡易書留にて届きます。

当日の流れ

まずは事前にサイトから、これから向かう空港のラウンジ場所を調べておきましょう。

空港に到着したら、事前に調べたラウンジに向かいます。

空港やラウンジによって異なりますが、入り口でお姉さんが立っているので入場チェックをしています。国内だけでなく海外の空港でもラウンジは使えますが、ご利用の際にはプライオリティ・パス会員カードと航空券を一緒に提示する必要があります。到着したら、空いている席に座り各種電化製品の充電やフリーの軽食やドリンク、一部有料のところもありますがアルコールを飲むなどして搭乗時間までの時間を好きに過ごしましょう。

楽天プレミアムカードで空港ラウンジは何回まで利用できる?

楽天プレミアムカードで使えるようになるプライオリティ・パスのプレステージであれば何回でもラウンジ利用可能です。その他のスタンダードやスタンダード・プラスステージだとラウンジを利用する度に追加料金が発生してしまいますがそんな心配もいらないのでとことん使い倒すことができます。

同伴者の空港ラウンジ利用はどうなる?

楽天プレミアムカードで使えるプライオリティ・パスで注意しなくてはいけないのは、同伴者様の利用に関しては同伴者料金として1人につき3,000円(税別)がかかります。この金額はその場でかかるわけではなく後日の楽天プレミアムカードの請求に上乗せされて請求されます。その場でお金のやり取りが発生しないのはありがたいですね。

楽天プレミアムカードで使える空港ラウンジは?

国内の空港でプライオリティ・パスが使えるラウンジは羽田空港だけになります。え?それだけ?と思うかもしれませんがその他の空港ではプライオリティ・パスがなくても楽天プレミアムカードを提示するだけで空港ラウンジが利用できます。(そちらの数が圧倒的に多いので国内のラウンジをまとめてみました。)

新千歳空港

函館空港

青森空港

秋田空港

仙台国際空港

新潟空港

富山空港

  • 「らいちょう」 営業時間 6:20~20:00

小松空港

中部国際空港セントレア

成田空港(空港ラウンジ)

【第1旅客ターミナル】

【第2旅客ターミナル】

成田空港(プライオリティ・パス用ラウンジ)

【第1旅客ターミナル】

【第2旅客ターミナル】

羽田空港

【第1旅客ターミナル】

【第2旅客ターミナル】

関西国際空港

伊丹空港

神戸空港

岡山空港

広島空港

米子鬼太郎空港

  • ラウンジDAISEN」 営業時間 始発便出発1時間前~最終便出発15分前

山口宇部空港

  • 「ラウンジきらら」 営業時間 7:15~19:30

高松空港

松山空港

徳島阿波おどり空港

  • 福岡空港

  • 「くつろぎのラウンジTIME」 営業時間 6:30~20:30
  • 「ラウンジTIMEインターナショナル」 営業時間 出国審査開始時間~21:00

北九州空港

大分空港

長崎空港

阿蘇くまもと空港

鹿児島空港

那覇空港

ラウンジ華(hana)」 営業時間 8:00~20:00

まとめ

楽天プレミアムカードは冒頭に記載したとおり、年会費が10,800円かかりますがその分、空港ラウンジを1回でも利用すれば十分元が取れるクレジットカードでもあります。年末年始や長期休暇で海外旅行や国内旅行に行く予定がある人は作るのを検討していいと思います。

楽天プレミアムカード

クレジットカード名
国際ブランド
マスターカードJCBVISA
対応電子マネー
対応電子マネーミニアイコン


年会費ポイント還元率ポイント名
初年度2年目~
10,000円10,000円1.0%~5.0%楽天スーパーポイント
発行スピード限度額マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
公式サイト参照公式サイト参照公式サイト参照無料
海外旅行保険家族カードETCカード国内旅行保険ショッピング保険

ABOUT ME
小林 麒麟
小林 麒麟
キリクレ-キリンのないクレジットカードのすべて-のサイト管理者。クレジットカードに関わる業務に長年関わってきた経験を活かして、現在ではクレジットカードプランナーとして働く傍らで当HPにて記事を執筆中。