知識

リボ払いの先に何がある?

信販会社にとってリボ払いは手数料収入が入る支払方法です。

そのため、リボ専用カードは年会費無料にしたり、ポイント付与率を上げたりしています。

しかし、いい気になって使いすぎると支払に苦労しかねません。

最悪、債務整理に追い込まれることもあります。

今回はリボ払いについて、クレジットカード会社側がなぜPRするのかについてと、実際にリボ払いを使い続けるとどうなるかについて解説します。

リボ払いを宣伝する理由

信販会社のWEBを見るとリボ払いを大々的に宣伝しています。

1回払いの場合は、加盟店からしか手数料収入がないのですが、リボ払いであれば年利15%の利息を利用者からももらえるからです。

また、隠れた理由として支払期間が伸びるので、その間はカードの解約がしにくい点も信販会社にとってはメリットです。

信販会社にとって、カード会員の解約は大きなロスですが、手数料がもらえて、更に解約も防げるので非常に都合がいいのでしょう。

手数料が入る

クレジットカードを発行する信販会社は、もともと割賦販売の利息収入を主な収入源としています。

ただ、クレジットカードでは利用者から手数料をもらえず、あまり割はよくありません。

そのため、リボ払いやキャッシングを宣伝することで手数料や利息収入をもらおうとして宣伝しているのです。

リボ払い専用カードなどは、ポイント付与割合が高くなっている事も多いのですが、手数料収入に比べれば微々たる金額に過ぎません。

信販会社にとって、リボ払いは非常にうまみがある支払方法なのです。

利用額が多くなる

リボ払いを宣伝するメリットとして、利用額が多くなることも挙げられます。

一回払いの場合は、支払のことが気になりますが、支払を引き延ばせるリボ払いの場合は支払のことを気にせず買い物をしてしまいがちです。

そのため利用額が増える傾向にあります。

手数料収入だけでなく、利用額が増えれば加盟店からの手数料収入も増えるので、リボ払いは信販会社としては非常に都合がいいと言えるでしょう。

リボ払いが多くなれば、信販会社の売上が伸びますから、専用カードを発行したり、優遇したりしているのです。

支払が伸びるので解約されにくい

リボ払いを選択すると支払期間が伸びます。

リボ払いの返済額は1か月1万円程度、その中には利息も含まれているため、買い物代金の支払はなかなか進みません

そのため、一度リボ払いを選択すると完済まで1年以上かかります。

その間に解約しようとすると、全額支払を要求されるため、簡単に解約できなくなります。

解約数の増加に悩む信販会社にとっては、リボ払いにしてもらえば解約の抑制につながり、会員数維持に役立つでしょう。

リボ払いは、信販会社にとって手数料収入以外にもメリットがあるのです。

リボ払いで使いすぎると…

リボ払いは利用者にもメリットがあります。

手数料の支払は必要ですが、一回払いでは購入できない大型商品も気軽に購入できるでしょう。

冷蔵庫や洗濯機は簡単に壊れませんが、永遠に壊れないことはありません。

そして、壊れてしまった日から日常生活に支障が生じます。

ボーナスまで待つとか、貯金して買おうと言うことは現実的ではありません。

しかし、リボ払いにすることですぐに必要なモノを購入できます。

先ほど述べたように、リボ払いの毎月支払額は1万円程度です。

ちょっと毎月の家計が厳しくなるとしても、支払できない金額ではないでしょう。

毎月の支払額は少額

このようにリボ払いの支払額は無理なく支払える金額に設定してあります。

利用額が多ければ、支払額が多少増えますが、無理なく大型商品が購入できるメリットの方が上回っているでしょう。

また、最近は資金の余裕がある際に増額支払ができるようになっています。

ボーナスが出たら、リボ払いの残額を一括して支払う事も可能です。

ネットバンキングからの支払や、コンビニATMへの入金でできます。

手数料支払額を減らすこともできるため、お勧めの方法と言えるでしょう。

元本が減らず支払期間が伸びる

リボ払いには手数料が必要です。

支払額の中に手数料が含まれているので、毎月の支払だけでは元本部分が減りにくいでしょう。

先ほど、信販会社にとっては解約防止策になると述べましたが、利用者としては解約したくてもできない、つまりリボ残高が減りにくいデメリットにもなるのです。

リボ払いに限りませんが、支払期間が伸びると減給や勤務先の倒産などによる支払不能のリスクが高まります。

支払期間が延びることはあまり歓迎すべきことではありません。

ちょっとしたことで債務整理

また、支払額が少ないからといい気になって買い物を繰り返すと、毎月の支払額が膨れ上がります。

しかも、先ほど述べたようにリボ払いの支払期間は長くなるので、過大な支払額を長期間強いられることもあるでしょう。

これが理由で債務整理に追い込まれる人も決して少なくありません。

リボ払いの使い方には十分気を付けましょう。

クレジットカードの支払で債務整理に追い込まれることはないだろうと思っている人も多いようです。

しかし、リボ払いは消費者金融のキャッシングと変わりありません。

そのため、支払が延々と伸び、減給や病気などで給料収入などが少なくなるとすぐ支払が滞ります。

こうして債務整理に追い込まれることがあるのです。

リボ払いを完全に否定しませんが、必要最低限に留め、利用したら早めに残額をゼロにすることをお勧めします。

ABOUT ME
小林 麒麟
小林 麒麟
キリクレ-キリンのないクレジットカードのすべて-のサイト管理者。クレジットカードに関わる業務に長年関わってきた経験を活かして、現在ではクレジットカードプランナーとして働く傍らで当HPにて記事を執筆中。