体験談

18歳で三井住友VISAデビュープラスを選んだ4つの理由と申し込みの流れを解説

大学生になって18歳を超えると、まだ成人していないとはいえ出来ることがたくさん増えます。免許を取得しに教習所に通えたり男性も結婚できるようになります。

それと同時ももう一つ出来るようになることがクレジットカードを発行できるようになります。大学生になると友達との飲み会の付き合いや買い物など出費が何かと増えやすくなります。アルバイトをしていても給料日までまだ少し時間がある、、、そんなときにクレジットカードを持っていれば支払いは翌月にすることができます。

しかしはじめてクレジットカードを持とうと思った時、たくさんのクレジットカードがあってどれか分からない、、、といった方も多いハズ。

実際、筆者もかなり迷いました。はじめてのクレジットカード選びは絶対に失敗したくないですよね。

最終的に筆者は三井住友VISAデビュープラスを作り、今では7年目になりますがまったく後悔していなく、むしろ作って良かったと思っています。

今回は実際に筆者が、なぜ数多くのクレジットカードから三井住友VISAデビュープラスを作ったのか、理由を3つに分けてご紹介します。

一生の付き合いになるクレジットカードライフの最初の一歩ってすごく大事ね。

後悔したくないもんね。三井住友VISAデビュープラスにするメリットってなんだろう?

三井住友VISAデビュープラスの特徴

三井住友VISAデビュープラスは三井住友カードが発行するプロパー(正規)カードです。クレジットカードの中には20歳から申込資格がないクレジットカードも多く存在します。その点、このクレジットカードは18歳から25歳を対象としている数少ないクレジットカードです。

なぜ、そんなクレジットカードが存在するのか。

それは、クレジットカード会社も自社のカードを長く使ってほしいと思っているからです。なので若い内からクレジットカードを作ってもらい、そのカードを生涯使ってもらうことで両者にメリットがあるようになっています。

若い人に作ってもらうため、この三井住友VISAデビュープラスは他のカードと比べて優れている点が数多く存在します。その特徴を5つにまとめてみました。

筆者が三井住友VISAデビュープラスを選んだ5つの理由

筆者が三井住友VISAデビュープラスを選んだのは、なにも18歳から作れるクレジットカードだったからというわけではありません。20歳以上に限定されるクレジットカードと比べてもこのカードは優れている点が存在します。

理由1:年会費が無料

学生にとって、お金って大事ですよね。毎月の仕送りやアルバイトの給料の限られたお金の中でやりくりしなくてはいけません。それなのにクレジットカードを持つだけでお金がかかってしまっては本末転倒です。

この三井住友VISAデビュープラスは年会費がずっと無料のカードです。厳密には2年目以降にも無料になる条件がありますが、それは”前年度に一回でもカードを使用すること”になります。なので2018年に1回でも10円のうまい棒を買えば、翌年度も年会費は無料です。

これはほとんど条件がないと言ってもいいくらい簡単なハードルなので、もしクレジットカードを複数枚作ってしまっても一回は使用するようにしましょう。

理由2:18歳でデビュープラスを作っておけばゴールドカードに自動的に切り替わる

筆者にとってはこのメリットが一番重要でした。各種あるクレジットカードでも、生涯ずっと使えるクレジットカードが欲しいと思っていましたからです。

厳密にはどのクレジットカードを生涯使えるのですが、何となく40歳にもなって楽天カードってあんまりかっこよくはないイメージありませんか?

歳をとっても人前で堂々と使えるクレジットカード。それが三井住友のクレジットカードでした。三井住友はメガバンクの1つでもあり、地名度は抜群です。超大手企業なので誰もが知っている会社になります。

そしてこの、三井住友VISAデビュープラスはANAやマルイといった、他社と提携しているクレジットカードではなく、純製のプロパーカードになります。プロパーカードのメリットはクレジットカードヒストリー(使用履歴)を貯めることで、年齢とともにクレジットカードをランクアップできるカードです。

この三井住友VISAデビュープラスはなんと持っているだけで自動的にクレジットカードが規定の年齢になったときにグレードアップされて発行されます。

満26歳になったときに、次回更新時に現在お使いのデビュープラスカードがプライムゴールドに自動的に切り替わります。

ゴールドカードって、すごくステータスが高い人しか持てないイメージがありませんか?ですが、デビュープラスを学生のうちに作っておくだけで、ゴールドカードが必ず持てるようになるんです。

三井住友カードのゴールドカードと言えばホテルのバーやレストランで出してもまったく恥ずかしくない超有名カードです。それを年会費無料のクレジットカードを使っているだけで発行されるのは他社にない素晴らしいサービスだと思います。

ちなみに、筆者は現在25歳なので来年の更新時にプライムゴールドが届く予定です。今からとても楽しみにしていますが、ゆくゆくはそのプライムゴールドを使い続けることによって最上位のクレジットカードである三井住友プラチナカードを持つことが夢です。

普通に申込みしたら、おそらく年収は1,000万円ないと審査に通らないと言われているこの伝説級のカードもひょっとするとインビテーションというクレジットカード会社からの招待によって作れるかもしれません。最後のゴールであるこのカードを目指して今も筆者はデビュープラスを頻繁に使っています。

理由3:ポイントが他のクレジットカードよりも貯まりやすい

クレジットカードは利用することでポイントが貯まっていきます。このポイントは後ほど詳細を記載しますが、商品に引換えたりクレジットカードの請求額に割り当てることもできます。

クレジットカードを使用することによって貯まるポイントの割合は還元率といい、例えば還元率1%のクレジットカードは、100円使うと1ポイント貯まるような仕組みになっています。概ね、1ポイントは1円だと思ってもらえれば構いません。

Tポイントもファミマで提示するとポイントが貯まりますがそれも還元率1%です。還元率1%ではそこまでたくさんポイントが貯まるわけでないというのはお分かりいただけたでしょうか。

ですが、この三井住友VISAデビュープラスカードは他のクレジットカードとくらべて圧倒的に高還元率のカードになります。まず、通常のポイントは還元率2%になります。なので2倍貯まりやすいということです。さらに凄いのは、入会後3ヶ月間はポイント5倍になることです。つまり100円の買い物で5ポイント貯まることになります。これは他のクレジットカードではまず見られない、超高還元率のクレジットカードです。

今まで現金で買い物していたらポイントは一切貯まりませんでしたが、それらを三井住友VISAデビュープラスで支払いするだけで勝手にポイントが貯まっていきます。クレジットカードは使えば使うほどお得な仕組みなので、まだの人はぜひ申込みするといいでしょう。

理由4:使えるお店が日本で一番多い

クレジットカードを持っていても、ポイントを貯めたくても実際に使えなければ意味がありません。

使えるお店、使えないお店とはどのように決まるのでしょうか。それはお店がどの国際ブランドと提携しているかによって変わってきます。国際ブランドとは世界共通で使える決済システムのことです。レジなどの横でこういったロゴを見たことあると思います。

これはVISAとMasterCardの国際ブランマークがついているクレジットカードであれば、楽天カードだろうが、三井住友カードだろうが、エポスカードであればどれでも使えますよ。という意味になります。

この国際ブランドというのは数が限られていて、日本国内で使えるものではVISA、JCB、MasterCard、American Express、ダイナースの概ね5社になります。

そのなかで、三井住友VISAデビュープラスカードは、名前にもある通り国内ブランドがVISAになります。このVISAが使えるお店が日本で一番多いということになります。

しかも日本だけでなく世界の200以上の国で使えるので、これ一枚あれば基本的には買い物で困ることはないでしょう。もちろんリアルの店舗だけでなくインターネットショッピングでもほとんどのサイトが対応しているので万能などこでも使えるカードとしてVISAを搭載している三井住友VISAデビュープラスを選びました。

はじめてクレジットカードを作るときの不安

はじめてクレジットカードの申込というのを自分で行う際、どうしても不安はつきものです。何かと分からないことは一歩を踏む出すのが怖いのは自然です。そこで、よくある質問を以下にまとめてみました。最初に言っておきますが、クレジットカードを作ることはなにも怖くないので安心してくださいね。

親への電話確認はあるか

三井住友VISAデビュープラスは親への電話確認がありません。本人確認の電話はある場合がありますが、申込時に携帯の番号を入力しておけばそちらにかかってきます。今は自宅もしくは携帯の番号のどちらかだけを申込時に入力すれば良いので、そもそも不安を持つ方は自宅の番号を入力しなければ良いでしょう。

取り立てに来たりしないか

これも消費者金融の取り立てのイメージでしょうか。怖い人が自宅にきたりしないか心配、、、という声を聞いたりします。

これはまったくのデタラメで、実際のところ基本的には指定の銀行口座からの引き落としがされますし、万が一その引き落としができなくてもハガキかもしくは電話でオペレーターの方から振込依頼があるのみになります。

実際に筆者は別件になりますが、三井住友カードから電話がかかってきたことがあります。その際の体験談は以下のリンクからどうぞ。オペレーターの方も親切でまったく怖いことはないです。

あわせて読みたい
0367387130からの電話は三井住友VISAカードからの電話!折り返しをしましょう。知らない番号からの電話ってドキッとしますよね。電話番号の思い当たる節を必死に考えている間に電話が切れてしまうもの。 このページを見...

お金を使いすぎたりしないか

クレジットカードを手にすることで、普段よりも散財してしまうのではないか。そういった声も寄せられます。たしかに財布からは買い物時にお金がなくならないので、後日引き落としの金額をみてビックリする、、、。そういったケースも考えられますね。

これについては最終的には使いみち次第という回答になってしまいますが、使いすぎないテクニックをご紹介します。

それは、いつも使っている銀行口座とクレジットカードの引き落とし口座を分けて管理する方法です。

面倒かもしれませんが、クレジットカードを使う度にクレジットカード専用の引き落とし口座に入金することで、残りどれくらいの残金があるか管理することができます。

ただしこの方法を使うときには、クレジットカードの引き落とし口座に入金することを忘れないようにしましょう。引き落とし日に残高不足となってしまったら本末転倒ですからね。

三井住友VISAデビュープラスを実際に申し込んでみた

ここまで読んで、三井住友VISAデビュープラスを作ってみようかな?と思っている読者さんもいらっしゃるはず。はじめてクレジットカードを申込みするにあたって、実際の申込画面を見せながら解説していきたいと思います。

インターネットからの申し込み方法

STEP0.事前に金融機関の通帳かキャッシュカード、運転免許証を手元に用意してください。

STEP1.まずは必要事項を入力するために以下の「公式サイトへ」から申込専用フォームに遷移しましょう。

三井住友VISAデビュープラス

三井住友VISAデビュープラス
国際ブランド
VISA
対応電子マネー
IDアップルペイ


年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料(※前年度に利用があることが条件) 1.0%-2.5%(※入会後3ヶ月は5倍) ワールドプレゼント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3営業日 10-80万円 3.0%-7.5% 無料(※2年目以降は前年度に利用があれば無料)
ショッピング保険家族カードETCカード

STEP2.項目に沿って必要事項を入力します。住所や電話番号など簡単な質問なので問題ないと思います。

項目の入力が完了したら、職業やキャッシング・リボについての次ページに進んでください。

2ページ目では勤務先の入力欄がありますが、学生の方はアルバイト先の情報を入力してください。そして最後の”その他ご職業”欄に「学生の方」にチェックを忘れずに行いましょう。

キャッシングの使用履歴などがもしある場合には正直に記載するようにしましょう。これはクレジットカード会社側で確認するので嘘を書いてもバレてしまうので注意してください。最後にすべての入力が完了したら一番下のオレンジのボタンをクリックします。

ここまでくればもう少しです。クレジットカードの使用目的は”生計費決済”、暗証番号は忘れない番号を入力してください。同時に申込みできるサービスとして、ID、ETC、PiTaPaが選べますが、説明を読んで必要そうなものだけを選択するようにしてください。

筆者はIDの携帯型だけを申込しました。コンビニなどで素早く会計できる電子マネーサービスをなのでおすすめですよ。

すべての入力が完了したら確認ページに進み、申込完了です。

ここまで恐らく10分前後でしょうか。特に難しい項目はないですが、時間があるときに行うことをおすすめします。

カードの自宅郵送

申込が完了したら最短3営業日でクレジットカードの審査が完了しカードが自宅に発送されます。その後、自宅に簡易書留封筒で届くまでは約1週間前後となります。長く感じる期間ですが、到着後のクレカライフを想像しながら楽しみに待つようにしましょう。

カード到着後にやること

クレジットカード到着後はまず、カード裏面の署名欄にご自身のサインを書いてください。これによって、盗難になったときなどに不正に利用されることを防げます。書き直しはできないので、他の紙で練習するなどしてから渾身のサインを記載してくださいね。

貯まったポイントは何に使えるのか

三井住友VISAデビュープラスで貯まったポイントは様々なものに引き換えることができます。大きく4種類あり、他のポイントサービスに移行・景品と交換・キャッシュバック・ギフトカードに交換のなかからお好きなものを選ぶことができます。

カタログギフト

家電や家具、食べ物など幅広くある商品の中から交換することができます。欲しいものがある場合はそれに応じて選べばいいと思いますが、お得な商品を選ぶ方法をお伝えすると1ポイント=5円相当と思って計算してみてください。

例えば、上記のルンバなら10,000ポイントなので50,000円相当となります。これが店頭で買うより安ければお得な商品と言えますし、店頭で45,000円で売っているのであればポイントで引き換えるのはやめておきましょう。

ポイントに交換

無難かと思いますが、他に楽天やTポイント、ヨドバシなどでポイントが貯まっているならこちらに引き換えた方がお得な場合があります。

例えば、ヨドバシポイントなら1ポイント→5ポイントにできるので、先程のルンバを引き換えるのと同等の10,000ポイントをヨドバシの50,000ポイントに引き換えてからルンバを購入すれば、実質ヨドバシのポイント付与分がお得となります。

一番お得な商品

筆者が確認した限りではUSJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)のチケットがお得だと思います。

三井住友はUSJの公式スポンサーだけあって、通常の大人パスが7,200円に対してポイント交換すれば6,500円相当なので700円お得な計算になります。実際は大阪が遠方な場合、旅費などもかかってしまうのでケース・バイ・ケースになりますが、もし行く予定がある人はポイントから引き換えるのも手でしょう。

ちなみに筆者は、毎年このポイント交換でUSJのチケットをもらってタダで行っています。三井住友VISAデビュープラスなら、1,300ポイントは入会直後なら260,000円分の利用、通常のポイント還元率でも650,000円を年間利用するだけで貯まります。65万円って難しいと思うかもしれませんが、毎月に直すと約54,000円なので普段の支払いをこのカードにまとめるだけで簡単に貯まりますよ。

まとめ

三井住友VISAデビュープラスははじめてクレジットカードをもつ18歳~25歳の方にはとてもおすすめできる優れたカードになっています。筆者も一枚目のカードを作るときは色々なサイトをみて迷いましたが、最終的にはこのカードを作って良かったと思っています。

GOODポイント

・ポイント還元率が高い

・年会費がずっと無料

・ゴールドカードまで自然とステップアップできる

・人前で使っても恥ずかしくない

BADポイント

・ゴールドカードになるのが満26歳なので少し先になってしまう

今なら入会するだけでオトクなキャンペーンも実施しています。お申し込みは以下の公式ボタンから進むと通常よりも早く審査が行われますよ!

三井住友VISAデビュープラス

三井住友VISAデビュープラス
国際ブランド
VISA
対応電子マネー
IDアップルペイ


年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料(※前年度に利用があることが条件) 1.0%-2.5%(※入会後3ヶ月は5倍) ワールドプレゼント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3営業日 10-80万円 3.0%-7.5% 無料(※2年目以降は前年度に利用があれば無料)
ショッピング保険家族カードETCカード

ABOUT ME
小林 麒麟
小林 麒麟
キリクレ-キリンのないクレジットカードのすべて-のサイト管理者。クレジットカードに関わる業務に長年関わってきた経験を活かして、現在ではクレジットカードプランナーとして働く傍らで当HPにて記事を執筆中。