レビュー

ステータスと安い年会費を両立させたい人は三井住友VISAエグゼクティブカード

三井住友VISAエグゼクティブカード

三井住友カードは日本国内では高いステータスがあり、海外でも使いやすいVISA単独ブランドのクレジットカードを発行しています。

その中でも三井住友VISAエグゼクティブカードは、年会費をおさえた上で特に付帯保険を充実させたクレジットカードです。

それでは三井住友VISAエグゼクティブカードにはどんな特徴があり、どんな人に向いているのかご紹介しましょう。

三井住友VISAエグゼクティブカードの特徴

年会費初年度無料と次年度の割引サービスあり

三井住友VISAエグゼクティブカードは税別3,000円ですが、ネット申込で初年度が無料になるほか以下の条件で半額以下となります。

・WEB明細登録で500円割引

・マイ・ペイすリボ登録と年1回の利用で半額

上記の2つの割引は重複できるので、その場合次年度の年会費は1,000円になります。

マイ・ペイすリボは設定した月々の返済金額を超えた場合に、リボ払いで請求されるしくみで、返済金額を調整すると手数料なしの一括払いも可能です。

WEB明細は紙の請求書を郵送しないオンラインで利用明細が確認できるサービスで、どちらも登録は無料です。

充実した付帯保険

三井住友VISAエグゼクティブカードの付帯保険は、クラシックカードと比べて充実した補償内容となっています。

海外旅行傷害保険の補償金額

・死亡後遺障害最高3,000万円(自動付帯は500万円)

・傷害・疾病治療費用100万円

・賠償責任4,000万円

・携行品損害25万円

・救援者費用150万円

国内旅行傷害保険の補償金額

・死亡後遺障害最高3,000万円(自動付帯は500万円)

お買物安心保険

・100万円(国内外)

海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険の補償金額は、死亡後遺障害補償でクラシックカードと比べると1,000万円のアップとなります。

また、お買物安心保険は、クラシックカードには海外利用や分割払いまたはリボ払いといった条件がありますが、エグゼクティブカードは国内でも支払方法に関係なく適用されるメリットがあります。

ドクターコール24が利用できる

ドクターコール24はクラシックカードなどの一般カードでは提供していないサービスのひとつです。

病院に行くほどではないケガや体調不良について、日本国内からであれば24時間・年中無休で電話相談に対応するサービスです。

いつでも医師・看護師・保健師などの専門スタッフに相談できるので、健康に気を使う人にはおすすめのサービスです。

家族にもうれしいサービス

三井住友VISAエグゼクティブカードはもちろん家族カードは発行できます。

家族カードの年会費は1名まで無料で、2名以上は税別250円と格安の年会費で利用できます。

家族カード会員であれば本カード会員と同様のサービスを受けることができます。

また、家族カード会員は海外旅行傷害保険も本カード会員とほぼ同様の補償を受けられます。

しかし、家族カードの入会条件は18歳以上となっているので、18歳未満は家族カード会員になることができません。

三井住友VISAエグゼクティブカードの海外旅行傷害保険には、家族特約が付いているので19歳未満であれば小さいお子さんがいても安心して家族旅行ができます。

ただし補償金額は本カード会員と比べると補償内容によって約半額までとなります。

家族特約による補償金額

( )内は本カード会員の補償額

・死亡後遺障害最高500万円(3,000万円)

・傷害・疾病治療費用50万円(100万円)

・賠償責任2,000万円(4,000万円)

・携行品損害15万円(25万円)

・救援者費用100万円(150万円)

三井住友VISAエグゼクティブカードをおすすめできる人

三井住友VISAエグゼクティブカードをおすすめできるのは以下の方です。

三井住友カードのステータスに魅力を感じる人

なるべく安い年会費で高いステータスのカードを利用したい人

一般カード以上の海外旅行傷害保険の補償が欲しい人

プライムゴールドカードのように自動的にゴールドカードに切替えられたくない人

三井住友VISAエグゼクティブカードをおすすめできない人

三井住友VISAエグゼクティブカードがおすすめできない人は次のような人になります。

ステータスよりもポイント還元率の高いカードが欲しい人

海外旅行にほとんど行かない人

VISAやマスターカード以外の国際ブランドが必要な人

まとめ

三井住友VISAエグゼクティブカードは年会費割引サービスを利用すると、年間税込1,000円で充実した付帯保険が利用できるクレジットカードです。

三井住友カードでは同じ20代向けのクレジットカードとして、三井住友VISAプライムゴールドカードも発行しています。

プライムカードとエグゼクティブカードの大きな違いは、プライムカードは30歳以上のカード更新時に年会費1万円のゴールドカードに切り替わる点です。

これは本格的なゴールドカードが欲しい人にとってはメリットがありますが、年会費を維持したい人には逆にデメリットとなります。

エグゼクティブカードは、ある程度のステータスは欲しいけれども、本格的なゴールドカードまでは必要がないという人におすすめのクレジットカードです。

三井住友VISAエグゼクティブカードを作る

三井住友VISAエグゼクティブカード

三井住友VISAの安心感と至高の一枚をお探しの方におすすめのクレジットカード。ドクターコール24や家族会員を含めた保険加入など、一家の大黒柱こそ持っておきたい一枚です。

三井住友VISAエグゼクティブカード公式ホームページ

ABOUT ME
小林 麒麟
小林 麒麟
キリクレ-キリンのないクレジットカードのすべて-のサイト管理者。クレジットカードに関わる業務に長年関わってきた経験を活かして、現在ではクレジットカードプランナーとして働く傍らで当HPにて記事を執筆中。