アメリカン・エキスプレス

SPGアメックスカード完全ガイド(2019年最新版)マイルの貯めやすさや年会費を上回る魅力を徹底解説します!

マイルを貯めよう!

そう思ってマイル系のクレジットカードをたくさん探してきた人が最後に行き着くカードがこのSPGアメックスカードです。

正式名称を”スターウッドプリファード カード”と言いますが、あまり馴染みがなく日本では”SPGアメックス”と呼ばれることが多いようです。

少し調べたことある人ならご存知だと思いますが、SPGアメックスカードの年会費は31,000円+税と数あるカードの中でもかなり高額です。

それなのにこれだけ話題になるカードとなっているのは、何かしらの理由があるはず。

この記事では実際にSPGアメックスを所有している筆者が、SPGアメックスについて年会費を上回る魅力について解説していきたいと思います。

  • 年会費がネックでSPGアメックスの申し込みに躊躇している人
  • SPGアメックスの魅力や特徴がイマイチ分からない人
  • SPGアメックスのお得な使い方がわからない人

こういった悩みを持っている人にはきっと参考になると思うのでぜひ最後まで読んでみてくださいね。

ある程度は理解しているよ!という人は目次の気になる見出しをクリックしていただければ、簡単に目的のところまでジャンプできます。

SPGアメックスの特徴

ここがポイント
  • SPGアメックスはどこの航空会社のマイルを貯めればいいか悩んでいる人におすすめ!
  • マイルを実質有効期限なしで貯めることができる!
  • マイル還元率は最大1.25%!
  • 毎年のカード更新で国内外のホテル無料宿泊が1泊もらえる!

SPGアメックスは年会費以上に魅力がたっぷり詰まったクレジットカードとなっています。他のカードとは一味違うサービスが盛りだくさんですので、一つずつ特徴を解説していきます。

SPGアメックス

SPGアメックス
国際ブランド
アメックス
対応電子マネー
アップルペイクイックペイ


年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
31,000円 31,000円 3.00% メンバーシップ・リワード
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
公式サイト参照 公式サイト参照 1.00%~1.25% 無料
海外旅行保険国内旅行保険ショッピング保険家族カードETCカード

SPGアメックスを持つのに掛かる費用やコスト

まず、SPGアメックスを作るとどれくらいの費用がかかるのか確認しましょう。年会費も含めて、どんなに魅力があっても掛かるコストはきちんと知ってから作ることが望ましいためです。

SPGアメックスの年会費は31,000円+税

SPGアメックスの年会費は初年度から31,000円+税となっています。今の税率8%ですと33,480円となり、これがクレジットカードの利用代金に含めて請求されるかたちとなります。

家族カードの年会費は半額の15,500円+税

SPGアメックスは家族カードを枚数制限なしで発行することができます。家族カードの発行条件としては

  • 生計をともにしていること
  • 住んでいる住所が同じであること
  • 名字が同じであること

となっています。

旦那さんが本会員になった場合には妻や子どもに家族カードを持たせることが可能になります。

ETCカードの発行手数料は918円

SPGアメックスでもETCカードの発行は可能です。

年会費は発生しませんが、ETCカードの発行手数料には918円の事務手数料が取られます。

現在ではETCカードの発行手数料無料のクレジットカードも数多くありますので、他のカードで代用できるのであれば、無理にSPGアメックスでETCカードを作る必要はなさそうです。

他にクレジットカードを持っていない、という場合にはETCカードの利用分もしっかりとポイントとして貯めることはできるので申し込みを検討されてもいいかもしれません。

SPGアメックスのポイント還元率は3%、マイル還元率は1%〜1.25%

SPGアメックスのポイント還元率は3%となっており他のクレジットカードよりも高い還元率ですが、マイルへの還元率は1%〜1.25%となります。

よく間違われるのが、SPGアメックスで貯まったポイントがそのままマイルになると勘違いする人が多いですが違います。

SPGアメックスの利用ごとにまず、通常のポイントとして貯まり、その後にマイルへと交換する仕組みとなっているので注意しましょう。

SPGアメックスでは100円の利用ごとに3ポイントが貯まる

まず、SPGアメックスでは100円の利用で3ポイントがもらえます。

SPGアメックスで貯まるポイント名称はMarriott Bonvoy(マリオットヴォンヴォイ) ポイントとなり、この仕組みが少しだけ複雑です。

貯まったMarriott Bonvoyポイントは3ポイント=1マイルに交換可能

Marriott Bonvoyポイントは100円ごとに3ポイント貯まりますが、マイルに変換するときは3ポイントで1マイルとなります。

つまり100円で1マイルとなるので、ポイント還元率は1%というわけです。

60,000ポイントをまとめて交換で5,000ボーナスマイルがもらえる

マイル還元率1%というと少なく思えてしまいますが、SPGアメックスの最大の特徴としてマイル還元率を1.25%という高還元率に変える方法があります。

それは、60,000ポイント以上をまとめてマイルに交換することで5,000ボーナスマイルがもらえる仕組みを利用することです。

例えば、100万円をSPGアメックスで利用してマイルに交換した場合だとこうなります。

使ったお金:100万円

Marriott Bonvoyポイント:30,000ポイント(100万円×3%)

マイル:10,000マイル(30,000ポイント÷3)

マイル還元率:1%

しかし、60,000ポイントをまとめて交換した場合には、ボーナスマイルがもらえるので還元率は一気に上がります。

使ったお金:200万円

Marriott Bonvoyポイント:60,000ポイント(200万円×3%)

マイル:25,000マイル(60,000ポイント÷3+5,000ボーナス)

マイル還元率:1.25%

これこそが、SPGアメックスの魅力であり他のカードではここまでのマイル還元率のカードはありません。

このボーナスマイルは回数や上限などはないので、何度でももらうことが可能です。

SPGアメックスからマイルに交換する際にはボーナスマイルを受け取るためにも必ず、60,000ポイント単位で交換すると覚えておいてください。

各航空会社マイルへの交換手数料なし

ANAカードやJALカードなどの航空会社が発行しているクレジットカードであれば、自社のクレジットカードへのマイル移行手数料は取られません。

  • ANAカードで貯めた100ポイント=100ANAマイル
  • JALカードで貯めた100ポイント=100JALマイル

しかし当然ながら、ANAカードで貯めたポイントをJALマイルに移行することができなければJALカードで貯めたポイントをANAマイルに移行することもできません。

また、航空系のクレジットカード以外で貯めたポイントはマイルに移行する際に移行手数料を取られることが基本です。

せっかく貯めたポイントをマイルに交換する際に還元率の低いカードで交換してしまうと損をすることになってしまいますので避けたいところです。

ですが、現実ではいつでも特定の航空会社に乗るという人は少ないでしょう。

「基本的にはいつもANAだけど、中国に行くときは大韓航空の方が安いな、、」

そう分かっていても無理にANAで行こうとすると、結果的に損をすることもあります。

前段が長くなってしまいましたが、SPGアメックスの良いところはそういった航空会社間のしがらみを考えなくていいところにあります。

ほとんどの航空会社のマイルへ移行手数料がかからずに交換することができます。しかも交換可能な航空会社は約40!これだけあれば、本当に乗りたい航空会社のマイルにその都度交換することが可能となります。

※ポイント:マイルは3:1で還元率1%となります。

航空会社 マイレージプログラム  ポイント:マイル
日本航空( JAL ) JAL マイレージバンク 3対1
全日本空輸 ( ANA ) ANA マイレージクラブ 3対1
ユナイテッド航空 マイレージプラス 3対1.1
ブリティッシュエアウェイズ エグゼクティブクラブ 3対1
デルタ航空 スカイマイル 3対1
エーゲ航空 マイルズ + ボーナス 3対1
アエロフロート ボーナス 3対1
アエロメヒコ クラブプレミア 3対1
エア・カナダ アエロプラン 3対1
中国国際航空 フェニックスマイル 3対1
エールフランス・KLM フライングブルー 3対1
ニュージーランド航空 エアポインツ 200 対 1
アラスカ航空 マイレージプラン 3対1
アリタリア航空 ミッレミリア 3対1
アメリカン航空 アドバンテージ 3対1
アシアナ航空 アシアナクラブ 3対1
アビアンカ航空 ライフマイルズ 3対1
キャセイパシフィック アジア・マイル 3対1
中国東方航空 イースタンマイルズ 3対1
中国南方航空 スカイパールクラブ 3対1
コパ航空 コネクトマイルズ 3対1
エミレーツ航空 スカイワーズ 3対1
エティハド航空 エティハドゲスト 3対1
フロンティア航空 アーリーリターンズ 3対1
ハワイアン航空 ハワイアンマイルズ 3対1
イベリア航空 イベリアプラス 3対1
ジェットエアウェイズ ジェット・プリヴィレッジ 3対1
ジェットブルー航空 トゥルーブルー 6対1
大韓航空 スカイパス 3対1
LATAM航空 LATAMPASS 3対1
ルフトハンザドイツ航空 マイルズ&モア 3対1
Multiplus Multiplus 3対1
カンタス航空 フリークエントフライヤー 3対1
カタール航空 プリビレッジ・クラブ 3対1
サウディア Alfursan 3対1
シンガポール航空 クリスフライヤー 3対1
南アフリカ航空 Voyager 3対1
サウスウエスト航空 ラピッド・リワーズ 3対1
TAPポルトガル航空 ヴィクトリア 3対1
タイ国際航空 ロイヤルオーキッドプラス 3対1
ターキッシュ エアラインズ マイルズ&スマイルズ 3対1
ヴァージンアトランティック航空) フライングクラブ 3対1
ヴァージンオーストラリア Velocity Frequent Flyer 3対1

ポイント有効期限は最後に使ってから1年なので実質マイルを期限なしで貯めることができる

SPGアメックスで貯めたポイントの有効期限は「最後にポイントを貯めた日から1年間」と定まっています。

つまり1年に1度でもSPGアメックスで100円以上の買い物をすれば、そこから1年間有効期限が伸びるので実質有効期限なしで貯めることが可能になります。

ANAやJALのマイレージクラブにはマイルの有効期限があり、最後にマイルを貯めた日など関係なく「該当マイルを取得してから3年間」となっています。

そのため、せっかく貯めたANAやJALマイルを失効してしまう可能性があるわけです。

そこで、実質有効期限なしのSPGアメックスでポイントを貯めておき、ANAやJALのマイルには交換しないことでマイルを実質有効期限なしにすることができます。

本当にANAやJALマイルを使うときにだけ、その都度SPGアメックスのポイントをマイルに交換すれば良いだけです。

あえて航空系のクレジットカードを使わずにSPGアメックスを使うことで、こういったマイルの貯め方もできるようになりますので是非活用してみてくださいね。

SPGゴールド会員に自動昇格

SPGアメックスは名前の通り、スターウッドプリファードグループの提携カードになります。

現在はスターウッドプリファードはMarriott Bonvoy(マリオットボンヴォイ)に統合されて名称変更になっていますが実質的な中身は変化ありません。

Marriott Bonvoy(マリオットボンヴォイ)とは、国内外に参加ホテルを多く持つホテルグループの一つです。

提携ホテルは数多くあり、ザ・リッツ・カールトンなどの大手高級ホテルからシェラトンホテルなどが提携しています。

そしてこれらのホテルで会員専用サービスを受けられる「Marriott Bonvoyゴールドエリート」にSPGアメックスを作ることで自動昇格することができます。

この「Marriott Bonvoyゴールドエリート」によって得られる会員サービスはこれだけあります。

  1. Marriott Bonvoy参加ホテルこ利用による獲得ポイント:1ドルごとに12.5ポイント
  2. チェックアウト時間の延長(14:00)
  3. チェックイン時の空室状況により、エンハンスドルーム(より良いお部屋)へのアップグレード
  4. より高速な客室内インターネット無料アクセス(プレミアムWi-Fi)
  5. ゴールドウェルカムギフトポイントを進呈 (250~500ポイント、ブランドにより異なる)

特に嬉しいのがレイトチェックアウトと部屋のアップグレードです。

レイトチェックアウトは混雑時も関係なく14時まで延長できるので、ホテルでゆっくりしたい時やチェックアウトの手続き混雑を避けたいときなどに便利です。

また、空室があるとき限定ですが差額を払わずにお部屋のアップグレードも期待できます。

最低料金の部屋から追加金額なしに良い部屋に泊まれるとあって、このサービスを目的にSPGアメックスを作る方もいるようです。

そんな「Marriott Bonvoyゴールドエリート」ですが、通常であればこの会員資格を取得するのには修行と呼ばれるなかなか大変な道のりが必要です。

会員名 年間必要泊数
シルバーエリート 10泊(36.5日に1回宿泊)
ゴールドエリート 25泊(14.6日に1回宿泊)
プラチナエリート 50泊(7.3日に1回宿泊)
チタンエリート 75泊(4.8日に1回宿泊)
アンバサダーエリート 100泊+対象料金2万米ドル(3.6日に1回宿泊+対象料金2万ドル)

SPGアメックスを作ることで得られる「Marriott Bonvoyゴールドエリート」は上から二番目、年間25泊が条件となります。

通常であれば2週間に1回の宿泊となり、筆者のような凡人には気の遠くなるような道のりですがSPGアメックスを作るだけで無条件で永久資格を手に入れることが可能になります。

毎年のカード更新時にホテルの1泊無料宿泊がもらえる

もう一つ、SPGアメックスの目玉となる優待が毎年のカード更新時にもらえるホテル1泊無料宿泊です。

条件は「交換レート1泊50,000Marriott Bonvoyポイントまで」となっており、ホテルのグレードによって制限はかかりますがそれ以外の年末年始や祝日などの制限はありません。

一泊一室の2名までが無料になるので、夫婦どちらかがSPGアメックスを保有していれば夫婦で宿泊が可能です。

もちろん、この無料宿泊であっても上記でご紹介したホテルのアップグレードを受けることが可能なのでタダで毎年泊まれる上にちょっといい部屋にランクアップなんてことも可能です。

50,000ポイントはシーズンによってホテルカテゴリーが変動しますが、

  • オフピーク時:ホテルカテゴリー7まで
  • スタンダード時:ホテルカテゴリー6まで
  • ピーク時:ホテルカテゴリー5まで

となっています。

差額ポイントを支払うことで、上位のホテルカテゴリーに宿泊することも可能なので年末年始のピーク時は10,000ポイントを支払ってホテルカテゴリー6に泊まることも可能です。

気になる対象のホテルですが、1泊50,000Marriott Bonvoyポイント以内となる国内のホテル一覧はこちらになります。

ホテル名 ホテルカテゴリー
フォーポイントバイシェラトン函館 4
キロロ トリビュートポートフォリオホテル 5
シェラトン北海道キロロリゾート 5
神戸ベイシェラトン ホテル&タワーズ 5
ウエスティンホテル淡路リゾート 5
シャラトン都ホテル大阪 5
ウェスティンホテル仙台 5
横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ 5
ウェスティンホテル大阪 6
ウェスティン都ホテル京都 5
シャラトングランドホテル広島 5
シェラトン・グランデオーシャン・リゾート 5
シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル 6
シェラトン都ホテル東京 6
シャラトン沖縄サンマリーナリゾート 6
ウェスティンホテル東京 6

これだけあれば、国内のどこに住んでいても年に1回は無料でホテル宿泊ができそうですよね。

SPGアメックスを作成された際にはぜひ、積極的に活用するようにしましょう。

SPGアメックスのデメリットやイマイチなところ

ここまでSPGアメックスの良いところを中心に解説してきましたが、このカードにもイマイチだなと思えるところが存在します。

デメリットも含めてよく理解してから作るようにしましょう。

年会費31,000円+税の負担が大きい

年会費が高額なSPGアメックスですが、それを上回る数々の優待についてはご紹介した通りです。ですが、それでも毎年発生する年会費の負担は大きなもの。

ホテルへの無料宿泊など興味もなく、そもそもの出費を抑えたいという人にはあまりおすすめできないでしょう。

家族カードはゴールドエリートの会員資格がつかない

年会費が15,500円+税とこちらも割高な家族カードですが、本会員では自動付与される「Marriott Bonvoyゴールドエリート」の会員資格が家族カードには付与されません。

そのため、家族カード分と合わせて無料宿泊を年に2泊ということはできませんので、どうしても「Marriott Bonvoyゴールドエリート」の会員資格が2名分ほしい場合には両方とも本会員になるしかありません。

QUICPayの使えるお店が少ない

SPGアメックスはApple Payとも連携できるのでスムーズな電子決済が期待できます。

その際に使えるのがQUICPayとなるわけですが、この対応店舗がちょっと少ないイメージがあります。

主要な電子マネーごとの加盟店数を比較してみると、

  • 1位:iD(440,000店)
  • 2位:楽天Edy(350,000店)
  • 3位:QUICPay(240,000店)
  • 4位:Suica(195,000店)
  • 5位:WAON(157,000店)

※2013年調べ

となっており、1位のiDと比べると約半数の加盟店という結果でした。

それでも3番目に加盟店としては多いので、街中でまったく使えないというわけではないですが、どこでも使えると言えるにはもう少しかかりそうです。

参照:QUICPayの使えるお店一覧

SPGアメックスで貯めたポイントのお得な活用方法

SPGアメックスで貯めたポイントの使い方について説明します。

ホテルの無料宿泊特典に交換

SPGアメックスで貯めたポイントをそのまま使う場合には、マリオットの提携ホテルへ無料宿泊として使う方法になります。

世界127ヶ国6,500軒を超えるSPG/マリオット リワード参加ホテルに除外日なしで無料宿泊特典に交換できるので、特に混んでいる年末年始などがおすすめです。

もし今現在に貯まっているポイントが足りないなんてときは、不足分のポイントを現金でカバーすることも可能です。(現金分をSPGアメックスでの支払いも可能)

各ホテルでの宿泊に必要なポイントはこちらの公式ホームページからご覧いただけます。

参照:マリオットボンヴォイ公式サイト

各種マイルに移行

メインでのポイント活用はこちらになるでしょう。

SPGアメックスで貯めたポイントをお好きなマイレージクラブに交換することができます。

  • 3ポイント=1マイル
  • 60,000ポイントごと=5,000マイルをボーナスマイルで追加付与

SPGアメックスで貯めたポイントの使いみちは2通りだけ

SPGアメックスで貯めたポイントは上記でご紹介したように、

  • ホテルの無料宿泊特典に交換
  • 各種マイルに移行

の2パターンのどちらかとなります。

通常のアメリカン・エキスプレス・カードのように各種商品に交換することはできないので、ホテルの無料宿泊か、航空券のマイルかどちらに使うかはよく考えるようにしましょう。

SPGアメックスの審査基準と審査に通りやすくする方法

SPGアメックスを作るには入会審査が必要です。ここからはSPGアメックスの審査について解説します。

SPGアメックスの入会基準

SPGアメックスの公式で発表されている入会基準は以下の通りです。

満20歳以上で安定した収入のある方

そのため、高校生など未成年の方は作ることができません。

また、安定した収入のない専業主婦の方も作れないため、SPGアメックスを使いたい場合には旦那さんなどに申し込みいただいて家族カードを所有するしか方法がないでしょう。

逆にいえば、それ以外の制限等はないため、

  • アルバイト
  • パート
  • 年金受給者

といった方でも審査に通過する可能性はあります。

SPGアメックスの審査に通過しやすくなる方法

SPGアメックスでは大きく2つの審査があります。

  • 通常審査
  • 機械審査

通常は申し込み完了後に一定の審査をもって審査通過のお知らせが届くのですが、一定以上の属性の方であれば申し込み完了時に審査通過の連絡がくる場合があります。

これが機械審査と呼ばれるものです。

実際に筆者も2回申し込みを行いましたが、1回目は通常審査に、2回目は機械審査で即時通過となりました。

この2回の申し込みで入力した内容から、どのような属性でどのように入力フォームに記入すれば機械審査で即時通過となるかが分かりました。

機械審査で即時通過するコツについては以下の記事で詳しく取り上げていますので、良ければ一緒にご覧ください。

SPGアメックスの審査を即時通過する条件とは?実際に申込みして機械審査通過と審査保留を経験してみました。本サイトにお越しいただきありがとうございます。 このページに来てくれたアナタはおそらく、こういった悩みを抱えているのではないでしょ...

SPGアメックスの作り方

実際にSPGアメックスを作るには2つの方法があります。

  • インターネットからのお申込み
  • 郵送による書類からのお申込み

現在はインターネットからの申し込みの方がスピードも早く手続きも簡単なので、今回はこちらの方法を詳しくご紹介していきます。

インターネットからの申し込み手順:公式ホームページにアクセス

まずは公式ホームページにアクセスし、「お申込みはこちら」ボタンをクリックします。

インターネットからの申し込み手順:スターウッドプリファードゲスト会員番号を入力

必要事項の入力を進めていくと、スターウッドプリファードゲスト会員番号の入力を求められます。

現在はマリオットボンヴォイに名称が変更されていますので、ややこしいですがこちらで登録ができますので必ず先に会員番号を取得しておきましょう。

Marriott Bonvoy(マリオットヴォンヴォイ)の入会手続きはこちらからできます。

Marriott Bonvoy(マリオットヴォンヴォイ)の入会手続きについて、不安な人はこちらの記事で詳しく登録手順をまとめてますので良ければご覧ください。

マリオットボンヴォイ(旧:スターウッドプリファードゲスト)の会員番号を新規登録する方法SPGアメックスを作るには事前にマリオットボンヴォイ(旧:スターウッドプリファードゲスト)の会員番号が事前に必要です。 手順自体は...

インターネットからの申し込み手順:必要事項を入力し、最後に確認して申し込み完了

必要事項の入力を進めていくだけなので特に説明は不要かと思います。

最後に入力内容の確認がありますので、内容に間違いがないか確認して申し込みを完了しましょう。

しばらくすると、登録したメールアドレスに申し込み完了のお知らせメールが届きます。

これで申し込みはすべて完了です。

あとは審査が行われた後に約3日~1週間程度で本人限定受取郵便でカードが自宅に到着しますので、気長に待ちましょう。

家族カード・ETCカードの作り方

家族カードやETCカードはSPGアメックスの申し込み時に同時に申し込みすることはできません。

SPGアメックスの入会後に会員ページからアクセスして申請する形となります。

SPGアメックスの会員ページはこちら

SPGアメックスの会員ページにログイン後、「登録情報の変更」 → 「家族・追加カードのお申し込み」で各種申し込みを進めることができます。

それぞれ、申し込みして手元にカードが届くまで1週間~2週間程度かかります。

事前に必要であることが分かっている際には、SPGアメックスが到着したらなるべく早くの手続きを行うようにしましょう。

SPGアメックスの注意点

SPGアメックスは他のクレジットカードと少し違って注意しなくてはいけないことがあります。

他のクレジットカードを作ったことあるから大丈夫。と思い込まないようにしましょう。

SPGアメックスを作る前の注意点

SPGアメックスを作る前に注意しなくてはいけないことが1つだけあります。

SPGアメックスを作る前にMarriott Bonvoy(マリオットヴォンヴォイ)の会員番号が必要

SPGアメックスはMarriott Bonvoy(マリオットヴォンヴォイ)の提携カードなだけあって、クレジットカードを作るよりも前に会員番号が必須となります。

Marriott Bonvoy(マリオットヴォンヴォイ)に入会 → SPGアメックスに入会

という順番になるので注意してくださいね。

Marriott Bonvoy(マリオットヴォンヴォイ)の入会手続きはこちらからどうぞ。

SPGアメックスを作った後の注意点

SPGアメックスを作ってからすぐに使い始めたくなりますが、作成後も3つの注意点があります。

口座振替の設定は早めに行いましょう

他のクレジットカードでは入会時に口座振替の設定を行ったりしますが、SPGアメックスの場合はそういった手続きがありません。

その変わりにカードが手元に届いた後に同封されている口座振替用の封筒に必要事項を記入して返送するか、インターネットから専用フォーマットをDLして郵送する必要があります。

どちらにせよインターネットで完結しないので手間ではありますが、この手続きをしないと初回引き落としが未払いとなってしまうのでカードが到着したらなるべく早く行うようにしてください。

また、既にアメリカン・エキスプレスの他のクレジットカードを持っていてもSPGアメックスは新たに口座振替の設定を行なわなくてはなりません。

SPGアメックスが到着したら、必ず口座振替の設定をする必要がある。と覚えておくようにしましょう。

  • SPGアメックスが到着したら同封されている専用封筒で口座振替設定を行う
  • インターネットからも専用フォーマットのDLは可能
  • 既にアメックスを持っていてもSPGアメックスで新たに口座振替設定が必要
  • 口座振替の設定が完了するまでに2週間程度掛かるので手続きはお早めに

リボ払いは3ヶ月目以降から利用可能に

アメリカン・エキスプレスのクレジットカードは元々、リボ払いに対応していなくすべての支払いが一括払いになっていましたが、2017年より「あとリボ」というサービスが開始されています。

これにより、リボ払いがアメリカン・エキスプレスでも利用できるようになりSPGアメックスも例外なくリボ払いが可能です。

ただし入会直後から使うことはできずに、3ヶ月が経過するとお支払いにリボ払いを使うことができるようになります。

ある程度の支払い実績を見てから、というアメリカン・エキスプレス社の考えもあるのでしょう。

リボ払いを検討されている方は計画的に使うようにしてくださいね。

年会費の引き落としは2回目の締め日・支払い日に請求される

年会費の引き落としはSPGアメックスを作ってすぐに引き落としされるわけではありません。

SPGアメックスを作ってから2回目の締め日・支払い日に請求されるようになっています。

SPGアメックスの締め日と支払い日は全員が共通ではなく、お使いの金融機関によって変わってきます。

締め日 支払日
19日前後 翌月10日
3日前後 毎月21日
7日前後 毎月26日

自分がどの締め日で支払い日なのかは、カード到着の際の書類に記載されているので必ず確認するようにしましょう。

もっとも多いパターンは19日締め日の支払いが翌月10日のパターンです。

その場合、もしSPGアメックスに入会したのが1月10日だとすると、年会費の引き落としは3月10日になります。

・初回締め日:1月19日

・初回支払日:2月10日

・2回目締め日:2月19日

・2回目締め日:3月10日 ※ここで年会費引き落とし

思っていたより引き落とし額が多い!と驚かないように予め認識しておくようにしましょう。

SPGアメックスは今後どう変わっていく?

SPGアメックスは今後数年のうちに新しいクレジットカードに変化する可能性があります。

そしてそのタイミングで現在実施しているキャンペーンやカードの特典内容も変わる可能性が大きく、最新の動向には常に目を貼っておくべきです。

2019年2月13日より、SPG、マリオット、リッツカールトンの3つのポイントプログラムが統合され、「Marriott Bonvoy(マリオットボンヴォイ)」と名称を変更し統合されました。

  • 2019年2月12日まで:SPG、マリオット、リッツカールトンの3つのポイントプログラムが対象
  • 2019年2月13日から:上記3つが統合し「Marriott Bonvoy(マリオットボンヴォイ)」へ

これにより、SPGアメックスで使えるホテルなどに変更はありませんが、海外ではSPGアメックスの新規受付は停止となり、新たに「Marriott Bonvoy(マリオットボンヴォイ)アメックスカード」に切り替わっています。

  • 日本以外:「Marriott Bonvoy(マリオットボンヴォイ)アメックスカード」へ変更
  • 日本のみ:SPGアメックスのまま

いまのところ、日本でのSPGアメックスの新規受付終了の話はありませんが、いつ終了になってもおかしくない状況というわけです。

ちなみに、海外の「Marriott Bonvoy(マリオットボンヴォイ)アメックスカード」がどんなクレジットカードなのかというと、大きく3券種がリリースされています。

  • マリオット ボンヴォイ アメックスカード
  • マリオット ボンヴォイ ブリリアント アメックスカード
  • マリオット ボンヴォイ ビジネス アメックスカード

現在のSPGアメックスとまったく同じスペックのカードではなく、少しずつカードの中身が変更となっています。

分かりやすく比較表を作成したので、こちらをご覧ください。

名称 SPGアメックス マリオット ボンヴォイ アメックスカード マリオット ボンヴォイ ブリリアント アメックスカード マリオット ボンヴォイ ビジネス アメックスカード
デザイン
年会費 31,000円 95ドル 450ドル 125ドル
会員グレード ゴールド シルバー ゴールド シルバー
継続特典 1泊2名分の無料宿泊特典(50,000ポイントまで) 1泊2名分の無料宿泊特典(35,000ポイントまで) 1泊2名分の無料宿泊特典(50,000ポイントまで) 1泊2名分の無料宿泊特典(35,000ポイントまで)
プライオリティパス
会員グレードアップ なし 1年間にカードで対象商品を35,000ドル購入した場合、ゴールドエリートのステータスにグレードアップ 1年間にカードで対象商品を75,000ドル購入した場合、プラチナエリートのステータスにグレードアップ なし

おそらく、現在日本で発行されているSPGアメックスと差し替えられるとすると「マリオット ボンヴォイ ブリリアント アメックスカード」が一番近しいカードとなりますが、年会費がやや上がる可能性が大きいでしょう。

新デザインの良し悪しも人によって分かれるところですので、現在のSPGアメックスのデザインがいい!という人は新規入会の受付をしている内に申し込みしておくことをおすすめします。

SPGアメックスのキャンペーン情報

SPGアメックスは定期的に入会キャンペーンを実施しています。

現在実施している入会キャンペーンはこちら!

入会特典

入会後3ヶ月以内に10万円以上の利用で30,000ポイントプレゼント

さぁSPGアメックスを作りましょう

いかがでしたでしょうか。

かなり長文になってしまいましたが、この記事を繰り返し読んでいただければSPGアメックスの魅力をお分かりいただけると思います。

入会を検討される際にはキャンペーン期間中に申し込みするようにしましょう。

以上、「SPGアメックスカード完全ガイド(2019年最新版)マイルの貯めやすさや年会費を上回る魅力を徹底解説します!」でした。

参考リンク

SPGアメックスに関して様々な切り口からもっと詳細に解説してきた記事をご紹介します。

ぜひこちらもご覧くださいね。

SPGアメックスの審査を即時通過する条件とは?実際に申込みして機械審査通過と審査保留を経験してみました。本サイトにお越しいただきありがとうございます。 このページに来てくれたアナタはおそらく、こういった悩みを抱えているのではないでしょ...
マリオットボンヴォイ(旧:スターウッドプリファードゲスト)の会員番号を新規登録する方法SPGアメックスを作るには事前にマリオットボンヴォイ(旧:スターウッドプリファードゲスト)の会員番号が事前に必要です。 手順自体は...
ABOUT ME
小林 麒麟
小林 麒麟
キリクレ-キリンのないクレジットカードのすべて-のサイト管理者。クレジットカードに関わる業務に長年関わってきた経験を活かして、現在ではクレジットカードプランナーとして働く傍らで当HPにて記事を執筆中。