レビュー

パスモをクレジットカードでチャージするなら限定デザインのTo Me CARD Primeがおすすめ!

通勤や通学などなにかと使う機会が多い電車。ほとんどの方が定期券を作っているかと思いますが、定期範囲外の場所へ行く機会も結構あるものなので事前にチャージしておく人は多いですよね。

しかも最近では自動販売機やコンビニでも電子マネーとして使えるので意外とチャージした残高って減るスピードが早いものです。そしてその度に券売機でチャージするのって面倒だなと思った方は絶対にいらっしゃるはず。

そんな時にもしパスモを普段使われているのであれば、To Me CARD Primeカードを作っておくだけですごく便利になります。

友達と一緒改札を通るときに自分だけチャージ不足で通れなかったときってすごく恥ずかしいわよね。
しかもその時間が意外と掛かるので電車を一本逃してしまったりすると悔しいよね

To Me CARD Primeってなに?

To Me CARD Primeとは、東急メトロが発行するパスモと一体型の機能を選べるクレジットカードです。多くの方が持っているパスモは記名式の定期券か無記名式のパスモになりますが、To Me CARD Primeでクレジットカード一体型にすることで2枚のカードを1枚にできるカードです。

券面のデザインは?

To Me CARD Primeは東京メトロが発行しているということもあり、今なら通常デザインと地下鉄開通90週年の限定デザインクレジットカードを選ぶことができます。

通常のTo Me CARD Primeは黒色の背景の高級感あるデザインとなっています。これはこれで持っていても恥ずかしくないデザインでいいですね。

地下鉄開通90週年記念デザインなら3つのデザインから選ぶことができます。それぞれ日本初の地下鉄車両である1001号車デザインとなっているので好みのものを選ぶといいでしょう。

国際ブランドはなにがある?

通常デザインはMasterCardとJCBの2択から選べる

通常デザインはMasterCardとJCBのどちらかから選ぶことになります。持っていない国際ブランドの方を作るようにすれば問題ないでしょう。どちらの国際ブランドを選んでもデザインが変わることはありません。

限定デザインはJCBとVISA、MasterCardの3択から選べる

限定デザインは通常デザインになかったVISAを加えた3種類から選ぶことができます。VISAの良いところは券面に干渉しない(目立たない)ところなので、せっかく限定デザイン選んだのに国際ブランドのロゴが気になるという方はVISAを選ぶといいでしょう。また、VISAとMasterCardはそれぞれ2種類から選べますが、JCBのみは別のデザイン1択となりますので注意が必要です。

年会費は?誰でも作れるの?

年会費は初年度無料で次年度以降も無料にできる!

To Me CARD Primeは”Praime”とついているので、30代から40代向けなのかなといったイメージがありますが申し込みのハードル自体は決して高くありません。年会費は初年度無料、次年度も年間50万円以上の利用で無料となっています。(年間50万円未満の利用の場合、次年度は2,000円かかります)年会費が無料になるハードルは定期券の支払いやパスモのチャージも利用額に加算される対象になるので決して難しくはないでしょう。

申し込みの年齢制限はある?

申し込みの資格は公式ホームページに以下の記載があります。

”原則として18歳以上でご本人または配偶者に安定継続収入のある方、また高校生を除く18歳以上で学生の方”

基本的には18歳以上でアルバイトしている方でも申し込めるクレジットカードなので、通学定期券を切り替えたいと思っている方にもおすすめとなっています。

パスモと一体型のクレジットカードで出来ることは?

パスモと一体型のクレジットカードを作る一番のメリットはオートチャージサービスになります。オートチャージってなに?と思われる方もいるかもしれませんが、パスモの残高が一定額以下になったときに自動的に予め定めた金額をチャージしてくれる機能になります。

予め決めておく項目は、

いくら以下になったらオートチャージが実行されるか

いくらをオートチャージするか

の2点になります。なので例えば2,000円以下になったら3,000円チャージされるように設定しておくだけで残高不足で改札で捕まる心配はないわけです。ただし、チャージされるのは改札での入場時と決まっているので、コンビニや自動販売機でオートチャージの実行額を切ったとしても自動チャージされませんので注意してください。

To Me CARD Primeを作るメリット

To Me CARD Primeを作るメリットを以下にまとめてみました。

パスモの残高を気にせず使うことができる

今なら限定デザインのクレジットカードが発行できる

限定デザインのクレジットカードを作ればレプリカカードとモバイルバッテリーがもらえる

特に③に関しては、コレクション目的の人には嬉しいサービスとなっています。

To Me CARD Primeを作るデメリット

逆にデメリットに当てはまる方にはあまりおすすめできません。

パスモをあまり使わない(Suica派)

パスモとクレジットカードの一体型デザインにしない

次年度年会費が無料になるための条件として前年度に年間50万円以上の利用が条件となっているので、切り離して発行してしまうとその条件を満たすことが難しくなってしまいます。無理のない利用で年会費を無料にするなら一体型を選ぶべきですね。

まとめ

普段から東京メトロの電車を使わない人にはほぼメリットのないクレジットカードになっていますが、逆にPASMOユーザーの人には必須と言ってもいいくらいのおすすめカードです。筆者もTo Me CARD Primeを持っていますが、今ではオートチャージのない生活が考えられないくらい便利さを感じています。

To Me CARD Prime

クレジットカード名
国際ブランド
マスターカードJCBVISA
対応電子マネー
対応電子マネーミニアイコン


年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 2,000円 0.5%~2.5% OkiDokiポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
公式サイト参照 公式サイト参照 公式サイト参照 公式サイト参照
海外旅行保険家族カードショッピング保険ETCカード

ABOUT ME
小林 麒麟
小林 麒麟
キリクレ-キリンのないクレジットカードのすべて-のサイト管理者。クレジットカードに関わる業務に長年関わってきた経験を活かして、現在ではクレジットカードプランナーとして働く傍らで当HPにて記事を執筆中。