レビュー

ヤフーカードの作り方-申込から2分で特典ポイントを受け取るためのスピーディーな申し込み方法を徹底解説

Yahoo JAPANの提供するヤフージャパンカード(通称ヤフーカード)は、Tポイントが大量にもらえるクレジットカードとして有名です。今回はヤフーカードの申込方法から特典ポイントを受け取るまでの方法を解説していきます。

実際に作ろうと思ったときにスムーズに進められるよう、迷いやすい点や確認しておくべき点をまとめてみました。この記事を読んでから申込すれば簡単に申込できるようになります。後からでも見返せるよう、ブックマークなどしておくとより便利です。

ヤフーカードの申込の前に

ヤフーカードを申し込む前に準備しておかなければいけないことと、決めておくべきことをまとめました。実際に申込する際に必要になってくるので予め確認しておくようにしましょう。

準備しておくこと

Yahoo! JAPAN ID

ヤフーカードを作るにはYahoo! JAPAN IDのログインが絶対条件となっています。

まだ取得していない方・IDとパスワードを忘れてしまった方は以下の方法で事前に手続きを完了させましょう。

Yahoo! JAPAN IDを持っていない方

Yahoo! JAPANの登録ページに進み、以下必要事項を入力するだけで登録完了です。

Yahoo! JAPAN ID登録

①メールアドレス

②Yahoo JAPAN ID

③パスワード

④郵便番号

⑤性別

登録は1分程度で完了するので先に済ませておくようにしましょう。

登録が完了したら、先程入力したYahoo JAPAN IDとパスワードは必ず忘れないようにメモしておいてください。

Yahoo! JAPAN IDを忘れてしまった方

Yahoo! JAPAN IDを持っているはずだけど忘れてしまった人はログインページから再設定することができます。

こちらもパスワードの再発行は2分程度で完了するので、スムーズにログインできるよう再設定しておきましょう。どうしても再発行ができない場合には、再度アカウントを作ってしまうのも手です。

決めておくこと

クレジットカードの申込はいざ、申込画面に進むとどうしようと考えてしまう項目も多いものです。ここでは事前に決めておけばスムーズに手続きを進められる項目をまとめてみました。

■申込前に決めておくこと

①国際ブランドをVISA、MasterCard、JCBのどれにするか

②家族カードを発行するか

③ETCカードを発行するか

④暗証番号(家族カード発行の場合、別途必要)

⑤引き落としの銀行口座

⑥カード券面デザイン

それでは以下で一つ一つ詳しく見ていきたいと思います。

国際ブランドをVISA、MasterCard、JCBのどれにするか

ヤフーカードはVISA、MasterCard、JCBの3つすべてから選ぶことができます。お好きなものを選ぶといいでしょう。

既にクレジットカードを持っている方は、いま持っている国際ブランドと異なるものを選ぶと、使えるお店が増えて便利ですよ。

1枚目のクレジットカードとして作るなら、ApplePayも使えるMasterCardがおすすめです。

家族カードを発行するか

家族カードは年会費無料で作ることができます。

家族カードをすぐに使う予定はないという方も作ることをおすすめします。ヤフーカードならポイントが溜まりやすいので家族カードでまとめることで家族全員分のポイントをまとめて管理できるようになります。

ETCカードを発行するか

ETCカードは年会費が500円とかかってしまいます。

他のクレジットカードであれば年会費無料で作れるカードも存在するので、今すぐにどうしても必要・他のカードを作る予定がないという人以外はあまりおすすめできません

暗証番号(家族カード発行の場合、別途必要)

暗証番号は4桁の数字で決めます。また、家族カードを同時発行する場合にはそちらの暗証番号も決める必要があります。(共通でも問題なし)

自分の暗証番号であればすぐに決められるかもしれませんが、家族カードの暗証番号はすぐには決められない場合があるので予め確認しておくようにしましょう。

セキュリティ上の問題から、他のクレジットカードとすべて同じ番号というのはあまり推奨できません。

引き落としの銀行口座

引き落としの銀行口座を決めておく必要があります。

注意点としては、申し込む名義と同一名義の口座である必要があります。それも踏まえて、いま持っている口座と同一名義でクレジットカードは申し込むようにしましょう。

カード券面デザイン

ヤフーカードは赤と黒の二種類から選ぶことができます。

どちらでもお好きなデザインから選ぶといいでしょう。

インターネットからの申込方法

ヤフーカードはインターネット経由限定の申込となっています。郵送などでは入会することができないので注意が必要です。

手元に準備しておくもの

ヤフーカードを申し込む前に手元に以下を用意しておきましょう。

①運転免許証

②口座番号がわかる通帳やキャッシュカード

③Yahoo! JAPANのIDとパスワード

③に関しては既に準備してあるかと思うので、運転免許証とキャッシュカードなどは確認できるようにしておきましょう。

申込手順

ここからは実際に申込の手順を写真とともに解説していきます。リンクは別タブで開くのでこのページを読みながら進めていくといいでしょう。

①まず、以下のリンクから申込ページに遷移します。


②はじめての方は「お申込みはこちら」というボタンをクリックします。

③右側の入力欄にYahoo! JAPAN IDを入力します。

もし、IDを忘れてしまった人は先程の再登録方法でIDを確認してください。

IDとパスワードの入力が完了すると、一時的に①の画面に戻りますが、先程と同様に赤いボタンをクリックして登録を進めます。

③カードブランドや必要事項の入力を進めます。

 

既にYahoo JAPANに登録時に入力してある項目には自動的に情報が入っているので、その他の空白部分を埋めておきます。国際ブランドやカード券面をどちらかにするかは事前に決めておけば問題ないでしょう。

入力が完了したら最後に一番下の「職業・カード情報入力画面へ」をクリックして進めます。

 

④続いて会社情報や世帯年収、オプションサービスの入力が求められます。

世帯年収はご自身だけでなく、奥様や旦那様の年収も含みます。概算で構わないので入力しましょう。

キャッシングサービスは不要であれば、なしでも大丈夫です。後からつけることもできるので必ず必要になる場合のみ「希望する」にチェックしましょう。

家族カードは年会費無料で作ることができます。申込むことでさらにポイントがもらえるチャンスです。ご家族もヤフーカードを使う場合には「申し込む」にチェックを入れてください。

ETCカードは年会費500円で作成できます。まだETCカードをお持ちでない方はこの機会に申し込んでおくと便利です。ただ、クレジットカードの中には年会費無料でETCカードを作れるものもあるので、他のカードに今後申し込む予定がない方以外はよく考えて作るようにしましょう。

プラチナ保障とは、ヤフーカード限定のサービスになります。月額490円で買い物などの保障を最大10万円までしてくれるサービスになります。ヤフーショッピングなどを頻繁に利用される方は保険として加盟してもいいかもしれません。

 

⑤最後に入力内容をすべて確認し、「規約等に同意して申し込む」ボタンをクリックすれば完了です。

所要時間は予め手元に必要なものや決める事項を確認しておけば、10分程度で完了するでしょう。

申し込み後は、概ね1周間前後で郵送でカードが到着します。

まとめ

ここまで読んでいただいた方はスムーズに申し込みが完了すると思います。

ヤフーカードはYahoo JAPAN IDを入力することで、必要事項の入力が省かれるのでとても簡単に申し込みが完了します。

常にキャンペーンも実施していて、作るだけでポイントが大量にもらえるヤフーカードはとてもおすすめです。

年会費も無料なので作っておいてまず損はないクレジットカードでしょう。

Yahoo!カード

クレジットカード名
国際ブランド
マスターカードJCBVISA
対応電子マネー


年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%~3.0% Tポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短2分 公式サイト参照 公式サイト参照 500円
ショッピング保険家族カードETCカード

ABOUT ME
小林 麒麟
小林 麒麟
キリクレ-キリンのないクレジットカードのすべて-のサイト管理者。クレジットカードに関わる業務に長年関わってきた経験を活かして、現在ではクレジットカードプランナーとして働く傍らで当HPにて記事を執筆中。