知識

家賃をクレジットカード払いにして貯金しよう!更新料が実質タダに

大学を卒業して、これから親元を離れて新社会人となるタイミングで一人暮らし。

4月の入社式に向けて引越し準備や色々な契約で毎日が慌ただしいですよね。

友達との別れも寂しいけど、それよりも入社式までに引っ越しを終わらせないといけません。家具や家電も買い揃えるとなると、学生時代の貯金はあっという間になくなってしまうので少しでも生活費は抑えたいものです。

でもちょっと待ってください。

引っ越しのときに大家さんじゃ不動産屋さんに言われた、「更新料」って認識していますか?

住んでいる物件にもよりますが、毎年概ね家賃1ヶ月分を追加で支払わなくてはいけません。

例えば家賃が8万円だった場合には更新月には16万円も取られてしまいます。

これって結構痛手ですよね?

しかし、気づいていない人も多いのですが今払っている家賃を「クレジットカード払い」にするだけで、更新料が実質タダにできます。

毎月振り込みや口座引き落としで支払いしている人は損をしている可能性もあります。

本記事では家賃のクレジットカード払いについてポイントを細かく解説していきます。

家賃の支払い方法

家賃の支払い方法には大きく4つあります。

・銀行引き落とし
・銀行振り込み
・家主へ手渡し
・クレジットカード払い

それぞれのメリット/デメリットを解説していきます。

銀行引き落とし

銀行引き落としは予め口座のキャッシュカード番号を登録しておくことで、自分の預金口座から自動的に家賃が支払われる仕組みです。

毎月、家賃を支払うという手間がかからないので一般的な方法です。

ただし、引き落とし日に残高が不足していると引き落としができません。その場合は銀行振り込みをしなくてはいけないなど、手間が発生してしまいます。

メリット

・いちいち銀行に行かなくても自動的に家賃が支払われる

デメリット

・残高が不足していた場合、手数料を支払って自分で銀行に行って支払う必要がある

銀行振り込み

銀行振り込みは指定された口座に対して、銀行やコンビニATMから振り込みを都度行う方法です。

金融機関が異なっていたりすると、手数料が毎月324円などかかってきてしまい、これを毎月繰り返すとなるとバカにはできません。

指定期日までに振り込みをしなくてはいけないので、急な予定で家を空けていたりすると支払いが滞ってしまうなど、なにかと不便さが伴う支払い方法です。

メリット

・毎月支払いをするのでお金の管理がしやすい

デメリット

・毎月自分からお金を振り込むのが手間がかかる

家主へ手渡し

あまりメジャーではありませんが、アパートなどによっては家主さんへ直接手渡しのケースもあります。

これは近くに住む大家さんに毎回、会いに行くという手間がかかる一方、両者にとって手数料などがかかりません。

ご年配の大家さんで不動産屋さんを経由していない場合などに、見受けられる支払い方法です。

メリット

・自分も大家さんも金融手数料がかからない

デメリット

・大家さんに毎回会いに行く必要がある

クレジットカード払い

4つの支払い方法のなかで一番、おすすめなのがクレジットカード払いです。

事前にクレジットカードを登録しておけば、外出が多い時や家にいられなくても毎月、請求が自動的に行われます。

また、万が一、預金口座への入金を忘れていてもクレジットカードの決済は問題なく行われるので支払いが滞る心配も少ないです。

更に、クレジットカード払いにするだけでポイントが貯まっていくので現金で支払うよりもずっとお得にできます。

メリット

・毎回銀行に行く手間がかからずにポイントも貯まる

デメリット

・特になし

家賃のクレジットカード払いで更新料を実質タダにする

家賃の支払い方法のなかでも一番簡単なクレジットカード払いですが、切り替えた場合に更新料をタダにすることができます。

といっても、やることはただ支払い方法をクレジットカード払いにするだけです。

どういうことかと言うと、クレジットカードは決済を利用することで各社ポイントが付きます。

ポイント還元率というのはクレジットカード会社によって変わってきますが、例えば若者に人気の三井住友VISAデビュープラスならポイントの貯まりやすさが通常のクレジットカードの2倍となっています。

仮に三井住友VISAデビュープラスカードで、毎月8万円の家賃や電気・光熱費、ガス、水道。携帯代を1年間支払い続けると、貯まるポイントは以下の通りです。

項目金額1ヶ月12ヶ月
家賃80,000円800ポイント9,600ポイント
電気3,000円30ポイント360ポイント
ガス・光熱費7,000円70ポイント840ポイント
水道4,000円40ポイント480ポイント
携帯10,000円100ポイント1,200ポイント
合計16,240ポイント

貯まったポイントは1ポイントを5円分でキャッシュバックに割り当てられるので、81,200円分となり、家賃一ヶ月分より多く貯まる計算となります!

固定費をクレジットカードに当てるだけで更新料をタダにできるので、毎月のポイントを侮ることはできませんよね。

三井住友VISAデビュープラス

三井住友VISAデビュープラス
国際ブランド
VISA
対応電子マネー
IDアップルペイ


年会費ポイント還元率ポイント名
初年度2年目~
無料無料(※前年度に利用があることが条件)1.0%-2.5%(※入会後3ヶ月は5倍)ワールドプレゼント
発行スピード限度額マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3営業日10-80万円3.0%-7.5%無料(※2年目以降は前年度に利用があれば無料)
ショッピング保険家族カードETCカード

家賃の支払い方法の変更の仕方

1年間の固定費をクレジットカード払いにするだけで、家賃の更新料分のポイントを貯められることは分かったかと思います。

しかしクレジットカード払いへの切り替えが遅れれば、それだけポイントを損してしまいます。もったいないので切り替えはなるべく早く行ったほうがいいでしょう。

現在の支払い方法がクレジットカード払いでない場合、まずは不動産屋さんか大家さんに早速相談してみてください。

現在ではクレジットカード払いができる賃貸がほとんどになりましたので、スムーズに切り替えが可能です。

最短で、翌月の引き落としからクレジットカード払いに変更できたケースもあります。

まとめ

毎月何気なく支払っているお金をクレジットカード払いにするだけで、一年間も経つと大きなお金が浮くことになります。

毎日節約生活をするのもいいですが、出費は賢く支払うようにして幸せな日々を過ごしましょう。浮いたお金でちょっとだけ贅沢するのもいいですね!

クレジットカードをまだ持っていないという人や、ポイント還元率の高いクレジットカードを持っていないと言う人はすぐに作ることをおすすめします。

先ほど紹介したような三井住友VISAデビュープラスであれば、ポイント還元率が高いので一年間で家賃相当分を貯めることができますよ。

しかも今ならインターネット経由の申し込みでキャンペーン実施中&最短翌日発行ができます!

ABOUT ME
小林 麒麟
小林 麒麟
キリクレ-キリンのないクレジットカードのすべて-のサイト管理者。クレジットカードに関わる業務に長年関わってきた経験を活かして、現在ではクレジットカードプランナーとして働く傍らで当HPにて記事を執筆中。